« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006年2月23日 (木)

日本人のルーツ?ラオス~中国国境越えと少数民族巡りの旅

0223 ラオスから中国雲南省シーサンパンナへと進む国境越えのツアーより帰国しました。
今回のツアーは両国にまたがる少数民族を訪ねる旅です。
ラオスやシーサンパンナは観光地でもまだまだのんびりしたところが残る国ですが、観光客もあまり訪れない国境付近では私達観光客がよほど珍しいのでしょう、少数民族の村を訪れると村の子供達が私達に付いてまわります。

続きを読む "日本人のルーツ?ラオス~中国国境越えと少数民族巡りの旅"

| | コメント (0)

2006年2月21日 (火)

心安らぐ国「スリランカ」

0221先日、「スリランカ大周遊11日間」の添乗より戻りました。インドに近いその島は、仏教徒にとっても重要であり、固有の動物が生息し、なによりも人々の人懐こい笑顔がとても印象的な国です。
さて、今回のメインはコロンボでのペラヘラ祭でした。ペラヘラとは行列の意。もともとは、仏歯をいれた容器をもった人が象のせなかにのり、街を歩いたのが始まりだそうです。それにダンスの行列も加わり、現在スリランカでみられる壮大なペラヘラ祭となったそうです。それはとても神聖で、各国から500人くらいのお坊さんが参列し、車には仏像が乗せられ行列の一部にに加わっていました。ゾウもご覧いただけるのですが、ただのゾウではなくお祈りを捧げられたゾウのみが参列できるそうです。

続きを読む "心安らぐ国「スリランカ」"

| | コメント (0)

2006年2月20日 (月)

南極という芸術の世界

0220 先日、南極半島クルーズの旅より帰国致しました。南米アルゼンチン南端の町、ウシュアイアからクルーズ船「オルロヴァ号」にて出港し、荒波で知られるドレーク海峡を突き進みます。南緯60°を越え、更に南極からの冷たい海流と北からの暖かい海流がぶつかる事でできる南極収束線を越えます。それまで揺れていた船が、やがて落ち着くと、いよいよ目的地に近づいた事を感じました。船の甲板に出てみると、船首の彼方前方に、白い大陸がみえました。水平線上に引かれた白線が、やがて巨大な氷壁となり、前方に近づいてきます。船内では、南極圏に到着の放送が流れ、にわかに興奮し始めました。そして船は、錨をおろし、予定よりも早く、特別に下船観光。母船よりゾディアックと呼ばれるゴムボートに分乗し、上陸開始です。

続きを読む "南極という芸術の世界"

| | コメント (0)

2006年2月17日 (金)

チェンマイのフラワーフェスティバル

0217 タイ大周遊12日間のツアーから戻りました。日程はゆったり、そして観光はたっぷり!と、絶対にお勧めのコースです。「タイなんて行った事あるし・・。」とお思いの方、その通りです。実際に参加されたお客様で、タイが始めてとおっしゃる方は殆どいらっしゃいません。バンコクや周辺都市の観光へ一度いらした事のある方、またお仕事でタイに住んだことのある方、リゾートの島々に滞在した事のある方と様々です。しかし、そんなお客様からも大好評のお声をいただきました。少数民族や遺跡はもちろんの事、ツアー中のお食事に至るまで、タイという国を充分に満喫していただけること間違いなしです。

続きを読む "チェンマイのフラワーフェスティバル"

| | コメント (0)

2006年2月16日 (木)

幸福のアラビア、イエメン

060216 「古きよきアラビア、イエメンへの旅・13日間」より先日帰国しました。まだまだなじみの薄い国ですが、イエメンはアラビア半島の最南端に位置し、紅海とアラビア海の美しい海に囲まれた国です。アラビア半島と聞くと国土のほとんどが砂漠のイメージですが、イエメンは山あり、海ありの自然豊かな国です。昔より、緑も多く自然の恵みの収穫も多かったことから、この地は“幸福のアラビア”と呼ばれていました。今でもその意味を感じる事が出来ます。イエメン国内には、大きな山脈も連なります。その中でも一番スケールの大きさを感じられるのは、イエメン東部に位置するワディ・ドアン渓谷。ここは長年の大地の侵食により出来た谷です。

続きを読む "幸福のアラビア、イエメン "

| | コメント (0)

2006年2月15日 (水)

百聞は一見にしかず ~チュニジア・リビア編~

0215 チュニジアってなにがあるの?リビアってなにかあるの?そんなご質問をいただくことが時々ございます。でも、実はいろいろあるんです。そんなあけてびっくり玉手箱の「チュニジア・リビア物語」16日間に1月26日から添乗してまいりました。

まず現在の気候ですけれども、アフリカ半島に位置する両国。暖かいと予想される方もいらっしゃるかも知れませんが、日中は12度くらい、夜は6度

くらい。澄みきった空に星をみつけるにはちょうどいい気温といったところです。

続きを読む "百聞は一見にしかず ~チュニジア・リビア編~"

| | コメント (0)

2006年2月14日 (火)

毎日がハイライト!シリア・ヨルダン・レバノンの旅

0214 地中海諸国で一度は訪れたい国。それが、シリア・レバノン・ヨルダン。暑い夏を避けて、観光客がほとんどいない、写真をとるには絶好の冬のイスラムより帰国しました。

まずは南のアカバよりのスタート。アカバ港ではお隣の国、歴史を語るには切っても切れないイスラエル、そしてシナイ山を眺め、ワディ・ラムの砂漠に突入。しかし何と言っても、インディージョーンズで有名なぺトラ遺跡は壮大です。石を削って造られた神殿が岩山からだんだんと、そしてじわじわと姿を現すその瞬間にドキドキしながらも、「おぉ~!」と一言。いつものぺトラではありえないほど、人はまばらで、写真が撮り放題。ちょっとベストシーズンを外しての旅にはそれなりの利点があります。そして、死海ではプカプカ浮かび、優雅(?!)にユーラシアニュースを読みながら写真を一枚。

続きを読む "毎日がハイライト!シリア・ヨルダン・レバノンの旅 "

| | コメント (0)

2006年2月13日 (月)

3つの湖を渡って国境越え

0213 「パタゴニア物語15日間」のツアーより帰国致しました。弊社の数あるパタゴニアのコースの中でも、アルゼンチンからチリへ湖を渡って国境を越えるのは限られています。アルゼンチンのスイスとも言われるバリローチェの街は19世紀後半にスイス系やドイツ系の移民によって基礎が作られたかわいらしい街。そして美しい湖と山々に囲まれていることからそういったニックネームがつきました。私達はこのバリローチェから国内で最初に国立公園に指定されたナウエル・ウアピ国立公園の湖、その名もナウエル・ウアピ湖から約300人乗りの船に乗り出発!船はアルゼンチンやアメリカからの観光客で賑わっていて、日本人は私達だけでした。天気にも恵まれ、2階の甲板席に出ても風が気持ちいい。一つめの湖で下船した後はバスでニつめの湖へ移動。

続きを読む "3つの湖を渡って国境越え"

| | コメント (0)

2006年2月10日 (金)

バングラデシュの列車に乗車

0210 バングラデシュに行ってまいりました。
今回の旅での思い出は、バングラデシュの列車に乗ったことです。首都のダッカからバングラデシュ第2の都市チッタゴンまで約8時間。予想以上に快適な列車の旅でした。
朝、列車に乗るためにダッカの駅に行くと、ホームはたくさん人で溢れています。そしてそのたくさんの人達が私達の動きを目で追っていくのです。列車を待つ間ホームに立っていようものなら、いつの間にかたくさんのバングラデシュの人々に取り囲まれてしまいました。

続きを読む "バングラデシュの列車に乗車 "

| | コメント (0)

2006年2月 9日 (木)

アルゼンチンのいい男、ガウチョ

0209_000ブエノスアイレスから風になびく豆畑やトウモロコシ畑を車窓にやりながら、80キロ離れた郊外の大牧場エスタンシア「サンタ・スアーナ」に到着。私たちの参加するフィエスタ(牧童祭)はパタゴニア・ハイキング17日間の旅の最後の観光地となりました。
大きなユーカリの並木を抜けて、ウエルカムワインでひと休み。遥々郊外に来ただけあって、空気も美味しいです。会場の外にある昔ながらの炭火の大きな網の上では、バンザイしてるのかのような羊と鶏の丸焼きが、匂いも色もいい具合に焼けています。
食事が始まる前には、皆さんで乗馬体験を楽しみました。私の馬は文字とおり道草ばかりムシャムシャ。ちょっと手綱引くと怒ったのか、鼻息をブルブル言わせ駆け足になり内心ヒヤヒヤしましたが、ガウチョ(アルゼンチンのカウボーイ)の見事な手綱裁きによっておとなしく列に戻り一安心。ガウチョ一人で10頭以上の馬を自在に操ってしまうのです。

続きを読む "アルゼンチンのいい男、ガウチョ "

| | コメント (0)

2006年2月 8日 (水)

生命の力を感じる島ガラパゴス諸島

0208 先日、ギアナ高地とガラパゴスクルーズ15日間の添乗から戻ってまいりました。ギアナ高地はただいま乾季ですが、水量もあり、エンジェルフォールの麓のラトンシート島まで行く事ができ、さらに下から滝を見上げることができました。迫力ある滝には圧倒されます。

ガラパゴス諸島では、豪華客船サンタクルス号に3連泊し、水色の海で泳いでシュノーケリングをしたりし、ゆったりとそれぞれの島々を観光しました。ガラパゴスの島々は火山の噴火により生まれ、それぞれの島で棲息している動植物も、進化の仕方も異なり、それぞれの変化もお楽しみいただけると思います。その生物の楽園には、世界で唯一泳ぐことを覚えたウミイグアナや、飛ぶ事を辞めたウミウなどユニークな生物がたくさん生息しています。幸運にも、真っ青な靴を履いたようなアオアシカツオドリの求愛ダンスにも出会いました。イルカやクジラ、アオウミガメも気持ち良さそうに泳いでいました。

続きを読む "生命の力を感じる島ガラパゴス諸島 "

| | コメント (0)

2006年2月 7日 (火)

ラオスのメコン川

0207 1月23日発ラオス大周遊の添乗より帰国しました。古の古都ルアンプラバンと戦いの歴史により遷都し現在に至る首都ビエンチャン。それぞれの町の横には雄大なメコン川が流れていました。全長4900m、そのうちラオス国内に流れるメコン川は約1900m。ラオスの旅行中は、このメコン川が常に共にある旅でした。
メコン川の本流は泥と砂で茶色く濁っていますが、支流は透き通る水が流れており、ルアンプラバンでは町が本流と支流との間にあるので、その様子が一目でわかりました。

続きを読む "ラオスのメコン川 "

| | コメント (0)

ラオスのメコン川

0207 1月23日発ラオス大周遊の添乗より帰国しました。古の古都ルアンプラバンと戦いの歴史により遷都し現在に至る首都ビエンチャン。それぞれの町の横には雄大なメコン川が流れていました。全長4900m、そのうちラオス国内に流れるメコン川は約1900m。ラオスの旅行中は、このメコン川が常に共にある旅でした。
メコン川の本流は泥と砂で茶色く濁っていますが、支流は透き通る水が流れており、ルアンプラバンでは町が本流と支流との間にあるので、その様子が一目でわかりました。

続きを読む "ラオスのメコン川 "

| | コメント (0)

2006年2月 6日 (月)

冬のあったかスイスへの旅

0206 先日、山岳写真家小川清美氏同行、冬のスイス8日間のツアーに行って参りました。冬にスイス?と思われる方が多いと思いますが、冬だからこそスイスなのです。真っ白な雪をかぶった山々や家々は、それはそれは美しいものでした。
まず訪れたのは、ぶつぶつ孔のあいたチーズが有名なエメンタール地方です。途中でバスを降り、チーズ工場までのウィンターハイキングを楽しみました。最初は少し寒くても、靴で雪を踏んだ時に鳴る〝キュッキュッ〟という音を楽しんでいるうちに、体もポカポカと暖かくなってきます。お昼はスイスに来たら一度は食べたいラクレット、茹でたジャガイモに、切り口を温めて溶け出したチーズをかけて食べる料理です。

続きを読む "冬のあったかスイスへの旅 "

| | コメント (0)

2006年2月 3日 (金)

ナイルの賜物、エジプト

0203 先日、「悠久のエジプトナイル河クルーズ10日間」のツアーの添乗より帰国致しました。 皆様はエジプトと言うと、まず何を連想されますでしょうか?やはり、真っ先に思い浮かぶのがピラミッドやスフィンクス、美しいヒエログリフの刻まれた神殿群ではないかと思います。これらの壮大な遺跡の数々は全て太古の昔から今も変わらずに、悠然と流れるナイル河によって育まれたものです。「エジプトはナイルの賜物」と言われるように、ナイル河がなければピラミッドもスフィンクスも、そして文明自体も存在しなかったのです。

続きを読む "ナイルの賜物、エジプト "

| | コメント (0)

2006年2月 2日 (木)

ベトナムの旧正月・テト

0202 先日、「躍動の国ベトナム周遊11日間」のツアーより帰国致しました。

今回のツアーでは、ちょうど旧正月の時期にあたり、町は年末らしい賑わいを見せていました。道路では、旧正月に飾る花を売っていて、車窓から眺めるだけでも目を楽しませてくれました。この花は北部と南部で異なり、北部のハノイではピンクの桃の花、南部のホーチミンでは黄色い梅の花を飾るそうです。ですから、ツアーが北から南へと移動していくに連れて、違った町の雰囲気を楽しむことが出来ます。

続きを読む "ベトナムの旧正月・テト"

| | コメント (0)

2006年2月 1日 (水)

知られざるエルサルバドル・グアテマラの魅力

0201 1月17発「グアテマラ・ホンジュラス・エルサルバドル、古代マヤ文明探訪14日間」のツアーより帰国致しました。

マヤ文明といえば、ティカール遺跡に代表されるような、巨大都市遺跡が有名ですが、これらは全て王や神官たちの特別な空間だったところです。しかし、エルサルバドルから始まった今回のツアーでは、当時の一般庶民の生活をうかがい知ることのできるホヤ・デ・セレン遺跡を訪れました。

続きを読む "知られざるエルサルバドル・グアテマラの魅力 "

| | コメント (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »