2006年4月21日 (金)

花であふれるギリシアを巡る旅

P1010007 先日『ギリシア縦断とエーゲ海クルーズ15日間』より帰国致しました。今回はギリシア本土を北から南下し、4泊5日のエーゲ海クルーズを経て、ペロポネス半島を周るという内容でした。
ギリシアはまさに春本番!遺跡を巡りながら花を愛でるという、この時季ならではの楽しみがあります。例えばミストラの遺跡。岩山に残された中世の都市遺跡もいつもなら下るだけでも少々大変ですが、右を見てハナズオウ、左を見てスパルタ、足元には日本では見られない白い花に紫色の花。カラフルな花々が彩りを添えてくれます。遺跡を見つつ、さながらハキキング気分。

一方で、ミストラ遺跡の中にあり、今尚使われているパンダナサ女子修道院とミトロポリス大聖堂では、眩しい陽の光りを浴びて眩しいほどの花々とは対照的に、静かに落ち着きを保ち、季節に左右されない敬虔な雰囲気が心身に落ち着きを取り戻してくれます。春の日差しを浴びながらの遺跡めぐりは、歴史に触れ、花を愛で、正教を感じるなんとも言えない経験となりました。もちろん、そのあとに頂いたミストラの麓での昼食が格別だったということは言うまでもありません。
ヨーロッパの源流のギリシア、かつてアジアと覇権を争ったギリシア、4000年近くの歴史を脈々と受け継ぐギリシアは、興味が尽きません。春のギリシアはとりわけお勧めです。(佐藤 亜紀子)

ギリシアのツアーはこちらから

|

世界のお花・紅葉情報」カテゴリの記事

西欧・南欧情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。