2006年5月10日 (水)

巡礼路をゆく ~パリからサンティアゴへ~ 

0510 「サンティアゴ巡礼物語」より帰国しました。
パリからサンティアゴ・デ・コンポステラまでの巡礼路を辿るこのツアー、資料によるとその距離は1640kmとのことですが、いろいろと寄り道をした私たちはなんと3000km近くもバスで走っていました。

 フランスからスペインへ国境を越える時、ピレネーにある2つの峠のいずれかを越えて行くことになります。イバニエタ峠とソンポール峠。私たちはソンポール峠を越えました。

山の麓はもう春が到来しているというのに、峠を越えるときは、そのピレネーの頂にまだ残っている雪を眺めることになります。谷間からのぞく太陽に照らされた残雪は、なんとも美しい光景でありました。そして標高1640mのソンポール峠、無人の国境を簡単に通過し、スペインへ。ここで初めて巡礼路の道筋を示す「ホタテ貝マーク」が見えてきます。ここから先は、この「ホタテ貝マーク」に沿って進んでいきます。
春真っ盛りの4月、フランスでは菜の花畑、ポピー、すみれなど、色とりどりの花や木を目にし、スペインではまさに「グリーンスペイン」と呼ばれるにふさわしい、青々とした新緑を車窓から眺めることができました。
大自然の中を走る巡礼路、皆様も是非お訪ねください。 (飯岡 章子)

フランス・スペインのツアーはこちらから

|

ユーラシア旅行社のハイキング情報」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社の西欧・南欧情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。