2006年6月16日 (金)

マチュピチュ村で「いい湯だなぁ~」

Machu_onsen_large 世界遺産の中で訪れたい遺跡ベストワンにも選ばれた事もある謎の空中都市遺跡マチュピチュ。400年の眠りから覚め1911年に発見されるまで草に埋もれていたいう事実がまた謎めいた雰囲気を残しています。

さてそんなマチュピチュにせっかくいったのならやはり連泊してじっくり楽しみたいものです。そうすればワイナピチュに登り上からでしか見えない絶景も堪能することができるのです。

また遺跡近くにあるホテルに泊まるのもまた魅力ですが、結局夜には遺跡に入ることはできないし、周りには何もないため何もすることが無くなってひまうのです。その点、麓にあるマチュピチュ村では、お店やお土産屋などが並び、観光が終わった後もアンデスの村を楽しむことができるのです。

その中でも面白いのは何と温泉がある事。もちろん水着着用ですが、山のおいしい空気を吸いながら温泉につかり旅の疲れを癒す。なんとも贅沢な過ごし方ではないでしょうか。ただ日本のような露天風呂ではなく作りはまるでプールにような温泉です。もちろん遥かインカから続く伝統に生きる地元の人たちもゆったりと入っているので、交際交流ができるかも。 (川窪康葉)

 
ペルーのツアーはこちらから

|

ユーラシア旅行社の中南米情報」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社の歴史情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。