2006年7月 7日 (金)

初夏の中東三ヶ国

Dscf0242 6月20日出発の「シリア・ヨルダン・レバノン物語 15日間」から先日帰国いたしました。シリア・ヨルダン・レバノンの中東3カ国はもうすぐ夏を迎えようとしています。夏?と聞いて、「暑そうだな…」と思われるかもしれません。確かに日差しは強くなります。しかし、日本のようなじめじめした感じはありませんので、日本にいるよりはかえって過ごしやすいといえます。

特に1国目のヨルダンでの死海遊泳は、入ったあとはすっきり。夏に入るからこその開放感が味わえます。泳いだあとはお腹も空くころ。そのままお食事のレストランへとご案内します。豊富なビュッフェ、しかもデザートがいろとりどり。思わず何から手を付けてよいか、迷ってしまいます。

2国目のシリアでは、首都ダマスカスの夜景観賞。これは、6月~8月出発のツアー限定のご案内となります!ぜひ、お勧めです!!夜景スポットは、旧約聖書で知られるカインとアベルの殺人が起きた場所として有名なカシオン山。カシオン山へはバスへと向かいます。カシオン山の上にあるレストランにて夜景をご覧頂きながらのご夕食。次第に日が落ちていき、辺りは気が付くと真っ暗に。まるでダイヤモンドの輝きのように煌くダマスカス市内の夜景は、何よりものご馳走です。

そして最後の3国目、レバノン。レバノンでは、国旗にも使われているレバノン杉がたくさん生息するレバノン杉の森を散策します。今の時期ですと、森の中で可愛らしい花々に出会えますよ。森の中はとても爽やかで、意識して鼻でかぐと、レバノン杉のいい香りがほのかにします。ここでは旅の疲れを癒してもらうことができました。移動途中の車窓からは、桃やさくらんぼの木々。お花の時期が終わり、今はまさに実りの季節となっています。思ったとおり、昼食のデザートはさくらんぼなどのフルーツでした。採れたての新鮮なフルーツをどうぞ。おいしいですよ。

今回は15日間のコースを添乗させて頂きました。本当にどこの国も見所満載で、飽きることのないシリア・ヨルダン・レバノン。ぜひ皆様、1度いらして下さい。感動すること間違いなしです!!(河合宏美)

シリア・ヨルダン・レバノンのツアーはこちらから

|

ユーラシア旅行社の中近東・北アフリカ情報」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社の自然情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。