2006年8月16日 (水)

大自然の宝庫、四川省の旅

060816kawa2 先日、四川省大自然紀行15日間の添乗より帰って参りました。中国で最も美しい自然が残る四川省をくまなく見て周るツアーです!たくさんの心洗われる景色の連続でした。まずは四川省最高峰のミニヤコンカ。いつも姿を現してくれるわけではない標高7556mの山を、ツアーでは早朝、朝日にあたって一段と美しい姿の時を見ようと屋上にかまえます。日照金山とも呼ばれる美しさを期待し、30分待っても空は雲で灰色・・・。諦めかけたその時、一気に霧が晴れて朝日にあたり、まさに金色に輝く姿を見ることが出来ました!!こんなことってあるんですね!本当に神々しい姿でした。

それぞれの観光地間の移動中の景色もまた、人の手がほとんど入っていない美しい景色ばかりで飽きることはありません。途中、何回か峠をこえていきますが、標高3000m以上になると小さく可愛い高原植物が咲き、後ろには雪山がそびえ、小川が流れています。そこを毛が長く立派な角をもったヤクが悠々と歩き、頬の赤いチベット族の人々が昔ながらの生活を営む様子や一刻一刻変わる景色など、どの瞬間も絵になる美しい景色が広がっていました。またツアー最高地点の巴朗峠では幻のブルーポピーも見ることが出来ました!

もう一つの見所、四姑娘山ではハイキングを楽しみます。朝は曇りで山を見ることが出来ませんでしたが、森の中を歩いてゴールで一息つくと徐々に姿を現してきました!お客様もこんなに近くで見えるとは思わなかったと大感激!! 本当にスイスのマッターホルンに劣らない美しさでした。

最後に世界遺産の黄龍、九寨溝を連泊してたっぷり観光しましたが、ここの美しさは本当にこの世のものとは思えない程の必見の場所です。

自然が創り出す、どうしてこんなに美しいのか不思議に思うほど素晴らしい景色ばかりの四川省、皆様もぜひ一度訪れてみて下さい! (川窪康葉)

中国のツアーはこちらから

|

ユーラシア旅行社の中国・モンゴル情報」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社の自然情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。