2006年12月25日 (月)

ジョムソンで間近にヒマラヤを堪能

1225 「ヒマラヤ眺望リゾート、ジョムソンの休日 10日間」のツアーより帰国しました。
ただ今乾季を迎えているネパールでは、お天気に恵まれる日も多く、雄大なヒマラヤの美しい姿を望むことができました。
7000~8000m級の山々に挟まれた世界一深い谷にある村ジョムソン。今回のツアーではそのジョムソンに3連泊し、近郊の村までハイキングをしたり、ゆったりとホテルからヒマラヤを眺めたりして過ごしました。
ジョムソンへはポカラより飛行機で約20分ほど。短いフライトではありますが、山々をより間近に感じる、迫力ある景色を楽しむことができます。「魚の尾」の形をしたマチャプチャレやアンナプルナ、ダウラギリなどの上空からの素晴らしい山々の眺めに、ツアー参加の皆様はずっとくぎ付けでした。そして、深い谷間の小さな空港に、飛行機は滑り込むように着陸。標高2700mのジョムソンはひんやりとした空気に包まれ、澄み切った空が広がっていました。車がないジョムソンでは、空港からホテルまでの交通手段はトラクター。ガタガタと揺られながら山道を上って行った高台に、3連泊するジョムソン・マウンテン・リゾートがあります。ホテルの目の前にはニルギリやティリチョの峰々が聳え、ホテルにいながら雄大な景色を楽しむことができるのです。

ジョムソン滞在中には、ティニ村、マルファ村、ドゥンパ湖への3か所の日帰りハイキングを行いました。どの日も良いお天気に恵まれ、美しい山々を望みながらのハイキングでしたが、特にドゥンパ湖に行った日は朝から雲ひとつない快晴で、印象深いハイキングとなりました。ジョムソンから約2時間で到着するドゥンパ湖は、小さいけれどエメラルド・グリーンの湖面にジョムソン周辺での最高峰ダウラギリの峰々が映る美しい湖です。ドゥンパ湖からさらに上って行くと、ダウラギリの姿がよく望め、チベット仏教の導師パドマサンバヴァが滞在したこともあるという由緒あるチベット仏教寺院ゴンパもあります。ドゥンパ湖までの行き帰りもダウラギリをはじめ、ニルギリやティリチョ、トゥクチェといったジョムソン周辺に聳えるヒマラヤが360°見渡せ、ヒマラヤを堪能!という感じでした。
まるで手に取るように間近にヒマラヤを満喫できるジョムソンは、まさに贅沢な山のリゾート。乾季でより美しく山が見える10月から4月のベストシーズンに、のんびりとヒマラヤを眺めつつ過ごしてみてはいかがでしょうか。 (武石幸子)

ネパールのツアーはこちらから

|

アジア情報」カテゴリの記事

世界の自然情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。