2007年2月 8日 (木)

遺跡を満喫!リビア

Imgp0034 このたび「サハラのオアシス・ガダメスとリビア探訪の旅」より帰国しました。
このリビアを巡るツアーは遺跡が好きな方にはたまらないツアーです。
リビアは世界遺産である遺跡のなかも探索したい放題!足元を見れば、きっとローマ帝国時代行き交った貴族たちも踏みしめたモザイクを自分たちも踏みしめていると思うと驚きです。保存の為には良くないのかも知れませんが、観光の受け入れを再開したばかりのリビアならではの大らかさです。リビアに行くなら今のうちです。本当に!! 遺跡自体も未発掘の場所が多く、その殆どがまだ埋もれたままです。一部の遺跡だけでこのスケール、全てを発掘したらどれほどのものなのか、想像するだけで身震いがします。 ギリシャ・ローマ神話の神々を身近に感じながらの当時の生活は如何なものだったのでしょう?見飽きるほど残る彫像の数々に溜息の連続です。 そしてリビアの遺跡の素晴らしさを引き立てる背景に紺碧の地中海!あぁ~来て良かったと誰もが感じる瞬間です。

もちろんリビアの魅力はこれだけではありません。国土の90%以上が砂漠という土地、サハラの宝石と称えられるガダメスは砂漠の中に浮かぶ白亜の迷宮です。目の前に立ちはだかる砂丘を空に向かって登る体験も他ではなかなかできません。
カダフィ大佐により国際的に孤立したリビア、産油国でありながら現代的な発展が立ち遅れたこの国の現状は欧米から流入する文化と古い歴史と伝統がせめぎあっているようです。情報が少なく謎の多い国だけに目の前に見る人々の生活に興味がつきません。

訪れる人を必ず魅了するリビア、早い機会に是非訪れてみて下さい。(阿部 真美)

リビアのツアーはこちらから

|

中近東・北アフリカ情報」カテゴリの記事

世界の歴史情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。