2007年2月 9日 (金)

感動のヒマラヤ遊覧飛行!

P2020019jpgsekine_000  この度「ネパール二大遊覧飛行とヒマラヤ眺望ホテル10日間」より帰国しました。
 このコースは今シーズンのネパールのツアーで一番人気です。それもそのはず、何と!2回の遊覧飛行がオプションではなく、ツアー代金に含まれているのです。

 1回目は「アンナプルナ遊覧飛行」です。ポカラの空港から出発して、ポカラから北西約70㎞に位置するジョムソンの方面に向かいます。
 ツアー参加の皆様が楽しみしていたのは「マチャプチャレ」を見る事です。マチャプチャレはネパール語で「魚のシッポ」を意味し、英語では「フィッシュテイル」と呼ばれている標高6993mの山です。ネパールのマッターホルンと呼ばれる先のとんがった山ですが、実は頂上が2つに分かれており角度によっては魚のシッポをさかさまにしたような形に見えるためこの名前が付きました。近くで見るマチャプチャレは白く雪がかかってとても美しく、飛行機が移動するにつれて、魚のシッポもその姿も見せてくれました。今だ誰も登頂に成功した人はおらず、また、その美しい形を保つために現在登山は許可されていません。
 西はダウラギリから東はマナスルまで、滞在中のホテルから遠くに見えていた山々がもう手の届きそうな距離に見えて、感動の40分でした。

2回目は「エベレスト遊覧飛行」です。カトマンズ空港から今度は北東に向かいます。飛行機であっと言う間に雲の上!8000m級の山々がずらっと並んで大迫力です。フライト中、機長さんが一人ずつコックピットに呼んでくれました。座席の窓から見ていても美しい山々がコックピットからはパノラマビューでお楽しみいただけます。遠くに世界最高峰のエベレストが見え始め、機長さんが「あれがエベレストだよ」と教えてくれました。あっと言う間に目の前までやってきたエベレストはさすがは標高8848mの世界一の山、周りの山々の中で群を抜いて大きく、堂々とした姿を見せてくれました。
 飛行機はエベレストの前でユーターンし、その後しばらく山々の美しさを楽しんで感動のフライト終了です。記念にエベレスト遊覧飛行の証明書をいただきました。

 この感動は写真や文章ではとても伝えきれません!!

山々の美しい姿をぜひご自身の目でご確認いただき感動を体験してください。(関根 三恵子)

ネパールのツアーはこちらから

|

ユーラシア旅行社のアジア情報」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社の自然情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。