« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月29日 (木)

蒸気機関車でタイムスリップ!!

P2230126 先日、四川省の添乗より戻りました。
今回の旅で訪れたのは、四川省の小さな村・石渓鎮です。ここでは、昔から変わらない人々の生活と村人達の大切な足となっている芭石鉄道に出会うことができます。
「ポーッ!!!!」と響き渡るSLの汽笛にどこか懐かしさを感じます。この鉄道はたったの19.8キロしかありません。始点の石渓鎮から終点の芭溝まで時速20キロ・約1時間かけて走ります。この鉄道の名は、その始点駅と終点駅それぞれの地名の漢字頭一文字を取って名づけられたそうです。もともとは芭溝の先にある炭鉱から掘り出した石炭を運搬するために造られた貨物列車です。今では客車も日に何本か走っています。車が走れる道路のないこの区域では、この鉄道は地元の人々の生活にかかせないものとなっています。

続きを読む "蒸気機関車でタイムスリップ!! "

| | コメント (0)

2007年3月27日 (火)

☆みっつ、いただきました!in サルディーニャ&コルシカ

Dscf005902 いつだったか社内の誰かが言っていました。「あまり知られてない土地ほど飯がうまいんだよなぁ…」それが見事的中したのがサルディーニャ、コルシカ島の旅10日間。サルディーニャはローマの東側に位置するイタリア領の島、コルシカはニースの南に位置するフランス領の島です。

 サルディーニャはイタリアの中で一番綺麗といわれる海岸線を誇りますので、とにかく海産物がうまい!前菜の目玉はこの地方ではボッタルガとよばれるカラスミ。日本では高級品として知られていますが、このボラの卵を贅沢に厚さ2ミリほどに切ったスライスが小皿にこんもりと盛られて登場。さらにカラスミを茹でたてほくほくのパスタにからめたカラスミのスパゲッティもあります。更に品目をご紹介すると、お刺身で食べたいくらいの鮮度のタコ塩茹や、ムール貝のオイル焼き、またはムール貝の白ワイン煮込み、メカジキカルパッチョとそれぞれのリストランテにはマンマ自慢の前菜があるわけです。これに30年前まではサルディーニャのほとんどの人口をしめていた羊飼いの人々が放牧に出かけるときに常備していたうすーい揚げパンを用意してゆっくりと時間をかけて味わいます。

 

続きを読む "☆みっつ、いただきました!in サルディーニャ&コルシカ "

| | コメント (0)

気候も人々の心も『アツイ』国!

20070329 今回はアジアの中でも近年発展めざましく注目のベトナムと、クメール文明の遺構が色濃く残るアンコールワットへ行って参りました。旅の前半はベトナム。フランス植民地時代の面影が残る洗練された町並みと、混沌としたエネルギッシュなアジアが混在する不思議な国。お食事はどこも日本人の口に合うものばかりで、この旅行で増量してしまったとのお声があった程です。
 
今回の旅ではちょうど春分の日に近い日程となり、特別イベントがありました。それは、アンコールワットの中央祠堂の真後ろからあがるご来光がご覧頂けるという自然のイベントです。

続きを読む "気候も人々の心も『アツイ』国!"

| | コメント (0)

2007年3月26日 (月)

岩絵の静かなメッセージ

P3060047 先日、未知のアルジェリアより帰国しました。

アルジェリアという国は地中海に面した北アフリカに位置していて、西はチュニジア、東はリビアに挟まれた国。この国にはカルタゴ・ローマ遺跡や19世紀フランス植民地時代の優雅な街並みなど、見どころは無限のようにたくさんあります。その中で、最近日本でじわりじわりと注目を集めつつあるのが「タッシリ・ナジェール」という、古代の岩絵が残っている台地。

そのタッシリ・ナジェールはアルジェリアの南部、サハラ砂漠のど真ん中にあります。飛行機と4WD、そして最後は自分の足で岩山をよじ登り、さらに台地上をテクテク歩き続けて、ようやくたどり着くことのできる、遥かな奥地にあるのです。台地上は、汚れ無き神聖な大地といった、独特の雰囲気のというか、ピーンと張り詰めた空気を感じます。ゴツゴツしたむき出しの岩や風化した奇岩がそそり立ち、まるで月面のような幻想的な大地をくる日もくる日も歩きながら、岩絵を探し求めます。

続きを読む "岩絵の静かなメッセージ"

| | コメント (0)

2007年3月23日 (金)

光り輝くエベレストを仰ぐ!

Img_3773 「エベレストを仰ぐ、ヒマラヤトレッキング」3月出発のこちらのツアーでは、まさにタイトル通り世界最高峰8848メートルのエベレストをお客様にご覧頂きました。通常ならば3月頃からネパールの国花、石楠花が美しく咲き始めるシーズンなのですが、今年はどうやら雪が多く降ったらしく現地ではまだ冬の気配が感じられたようです。その分空気がシャキッと澄み渡っており、第一の目的であるヒマラヤ山系の壮大な景観を大満喫できました。

 

続きを読む "光り輝くエベレストを仰ぐ!"

| | コメント (0)

2007年3月22日 (木)

大迫力のドライブサファリ!

Elephant 先日、ケニア・タンザニアのツアーより帰国しました。連日の好天とともに、各地でたくさんの野生動物にも恵まれた充実の11日間でした。

今回の旅の起点は、東アフリカの玄関口ケニアの首都ナイロビ。中心には高層ビルが立ち並ぶ活気に満ちた街です。ここから一気に南を目指し、国境を越えてタンザニアへ。そのままアフリカの大地溝滞を跨ぎ、巨大なクレーターによって形成されるンゴロンゴロ国立公園へ向かいます。ここから個性溢れるたくさんの国立公園でサファリを楽しみながら、ケニアのマサイマラまで北上していくという行程です。もちろん、道中ではアフリカ最高峰のキリマンジャロの雄姿もお目見えします。

続きを読む "大迫力のドライブサファリ!"

| | コメント (0)

2007年3月20日 (火)

山良し!水良し!!雲南省!!!

Img_0197 この度「菜の花の季節、雲南紀行8日間」ツアーより帰国致しました。現在、雲南省は気温も日中で20度を越え、まさに春真っ盛り!さらに南部のシーサンパンナ地方へ行けば、日中30度を越えていました。朝晩いくらか冷えましたが、それでも日中ほとんど晴れていたので寒さを感じることはほとんどありませんでした。
雲南省は日本の国土面積とほぼ一緒。このツアーはバスや飛行機を使って、効率よく周遊します。その中でも印象に残ったのが、「山」と「水」です。

続きを読む "山良し!水良し!!雲南省!!! "

| | コメント (0)

2007年3月19日 (月)

ミャンマーの教育制度

20070319 ミャンマーの添乗より帰国致しました。
私たちがミャンマーを訪れたのは2月下旬。乾季で湿度も低いこの時期はまさにベストシーズンといえる頃です。これからは気温が徐々にあがってきますが、4月にはミャンマーの正月を祝う水掛け祭りも開催されるのでそちらもお勧めです。
今回は、ミャンマーの教育制度のことについて少しご紹介させて頂きたいと思います。丁度、私たちが現地を訪れた頃は各地の学校で年度末試験の真っ最中。 学校帰りの子供達、訪れた村などで一生懸命勉強に取り組む子供達の姿を度々見かけました。
ミャンマーの教育制度における初等・中等教育は、小学校から高校まで5・4・2の11年制。就学年齢は6歳で、最終学年の高校2年生の年齢は日本の高校1年生に当たる16歳です。

続きを読む "ミャンマーの教育制度"

| | コメント (0)

2007年3月15日 (木)

マスケラ(仮面)の街ヴェネツィアでカーニバルに酔いしれる

070314 ヴェネツィア・ニース・マントンの祭典を巡るヨーロッパカーニバルツアーに行って参りました。今年は温暖化の影響か例年にない暖かさで、かつお天気も素晴らしく、カーニバルの祭典を思い切り楽しむことが出来ました。

今回は3つの街でカーニバルを鑑賞したのですが、最初に訪れた街ヴェネツィアは私たちを一気に謝肉祭に沸く夢幻の世界に惹きこんでくれました。ヴェネツィアに到着したのは夜。水の都を縦横無尽に張り巡らされた運河をボートでホテルに向かっていると、夜の闇の中ぼんやりと赤い街灯に照らされた橋の上を横切る影が。翻る黒いマントの影に白く光るバウータの仮面(貴族が愛用したことで流行したマスケラ)。とても現実のものとは思えないその光景に、いつもの現実とは違う空間にさまよいこんでしまったような感覚に陥りました。

続きを読む "マスケラ(仮面)の街ヴェネツィアでカーニバルに酔いしれる"

| | コメント (0)

チュニジアで楽しむ、列車の旅

070316 先日、チュニジアのツアーより帰国いたしました。
すばらしいお天気に恵まれたこの度のツアーでは、空と海の青の美しさに加え、チュニジア特有の白と青の街並みが映え、チュニジアンブルーの美しい世界をしみじみと実感することができました。
チュニジアは、さほど大きな国ではありませんが、少しの移動毎に、ころころと周りの風景が変わり、私たちに様々な表情を見せてくれます。
今回は、その様々な表情のなかでも大変すばらしかったと好評の声をいただいている、レザールージュの旅についてご紹介いたします。
この、レザールージュというのはアルジェリアとの国境にある山岳地帯を走る観光列車のことです。荒涼とした乾燥地帯にある山脈ですので、植物の姿はところどころに点在するオアシスのみ。山の湧き水が集まって流れる渓谷によって形成された、切り立った崖の中をこの観光列車は進んでいきます。

続きを読む "チュニジアで楽しむ、列車の旅 "

| | コメント (0)

2007年3月14日 (水)

フルーツの王国・フィリピンへの旅

Cimg0031 先日、「麗しのフィリピン大周遊 11日間」のツアーより帰国致しました。
昨年から新しくツアーを企画しているフィリピン。このツアーでは誰もが知るリゾート地のセブ島と首都マニラのあるルソン島を北部を中心にじっくり周るツアーです。

フィリピン諸島最大の島・ルソン島はマルコスゆかりの地ラワグや、世界遺産でもある、スペイン占領時代の石畳の街並みの残る古都ビガン、夏の首都と呼ばれる避暑地バギオなどルソン島北部を巡ります。

続きを読む "フルーツの王国・フィリピンへの旅 "

| | コメント (0)

ヒマラヤの懐のインド、ダージリン・シッキム

P1010012_000先日、インドのダージリンとシッキムのツアーより帰国しました。
インドの北東部に位置し、ネパール、ブータン、チベットに囲まれているダージリンとシッキム。広い国土に多種多様な民族、言語、文化が混在しているインドですが、ヒマラヤの懐に抱かれ、チベット仏教文化を中心としたダージリンとシッキムは、そんなインドの中でも特異な印象を受ける所です。
シッキムは現在はシッキム州というインドの1つの州となっていますが、17世紀から1975年まではシッキム王国として栄えた国でした。松の木が生えた山道を通るとどことなく日本の山間部と似た風景が広がり、懐かしさを覚えます。農業が盛んで緑も多く、山の斜面にはよく整備された棚田が広がっています。冬のこの時期は棚田ではからし菜の花の黄色がきれいでしたが、これから春を迎えると緑で輝く美しい季節になるでしょう。そしてなんといっても世界第三峰のカンチェンジュンガがより近くで望める所でもあります。
 

続きを読む "ヒマラヤの懐のインド、ダージリン・シッキム"

| | コメント (0)

2007年3月12日 (月)

雲南省の初春景色~羅平の菜の花畑と元陽の棚田~

Kinkeihojureport 先日、「羅平の菜の花畑と絶景・元陽の棚田8日間」の添乗より帰国いたしました。

春の花・菜の花がところかしこに咲き乱れる雲南省の中でも、政府から援助がある羅平の菜の花畑の菜の花は、背丈も日本で目にする菜の花の倍もある人の背丈と同じくらい大きなもので、その菜の花畑は大変見応えがあります。果てしなく続く一面の菜の花の景色は、春のうららかな季節を感じさせてくれます。

続きを読む "雲南省の初春景色~羅平の菜の花畑と元陽の棚田~"

| | コメント (0)

2007年3月 9日 (金)

栄枯盛衰!カオプラ・ヴィハーン!!

Cimg0011_001 先日、ラオスの添乗より帰ってまいりました。今回はラオス大周遊に幻のクメール遺跡、カオプラ・ヴィハーンが入っている特別日程のコースでした。

やはり今回の見所はカオプラ・ヴィハーン。 『幻のクメール遺跡』といわれるこの遺跡はタイとカンボジアの国境に位置するため、領有権争い が激しかったことと後の内戦などにより長い間入場することが出来ませんでした。ポルポト時代の 拠点ともなっていたところでその面影も見ることができます。
最近になり入場可能になったのでまだまだ手付かずの巨大クメール遺跡が私たちを迎えてくれました。 この遺跡はカンボジア領土ですが断崖絶壁に建てられているため、タイ側からの入場でした。 パスポートチェックもないままタイからカンボジアに入り、巨大寺院を目指しました。

続きを読む "栄枯盛衰!カオプラ・ヴィハーン!! "

| | コメント (0)

2007年3月 8日 (木)

シチリア島に春の訪れ ~アチレアーレのカーニバル~

P10100092 先日、「シチリア島・マルタ島と南イタリア」のツアーから帰ってまいりました。日本の東京はまだ冬真っ盛りの2月ですが、シチリア島ではいよいよ春の訪れです。

南イタリア・ナポリからスタートし、だんだん南下していくうちにまず春の訪れを感じるのはアーモンドの花。ところどころで咲いている白やピンクのアーモンドの花が、日本の桜のような様相で、南イタリア・シチリア島に春を告げます。

続きを読む "シチリア島に春の訪れ ~アチレアーレのカーニバル~ "

| | コメント (0)

2007年3月 7日 (水)

ヒンドゥー教、最期を迎える聖地ベナレス

Repo2_2 先日、「インド悠久文明の旅13日間」の添乗より戻って参りました。成田空港を出発して、バンコク経由ムンバイ到着まで、約12時間。この半日間はいつも私に様々な想像を膨らませてくれます。陽気で親しみやすいインドの人々、街中を漂う香辛料の香り、イスラムやヒンドゥーをはじめ、複雑に絡まりあった生活や文化…考えていると、あっという間にインド経済の中心地ムンバイに到着です。

インドの魅力とは、訪れる人によって楽しみ方が何通りも存在することではないかと思います。仏跡めぐりや多くの宗教的建造物、インドの魅力を列挙すればキリがない程ですが、なんといっても衝撃的なのがヒンドゥーの聖地ベナレス。

続きを読む "ヒンドゥー教、最期を迎える聖地ベナレス "

| | コメント (0)

2007年3月 6日 (火)

ミリオンスター★ホテル~サハラ砂漠のテント泊~

P1010017 先日「リビア物語17日間」の添乗より戻りました。当ツアーのメインは遺跡、砂漠両方かもしれません。しかし、サハラ砂漠で過ごすテント泊3日間は普通の旅行では体験できない魅力がつまっていました。 地図上で見ると広大なサハラ砂漠のほんの一部を走行しました。そこには走れど走れど砂・土・岩しかありません。自分の体が簡単に埋まってしまいそうな巨大な砂丘達。砂はこんなにも美しいものだったのかと感嘆させられます。ある夕暮れ、雲に日が隠れた数分後、空がピンク色に染まりました。次の瞬間にはさっきまで茶色だった砂丘が優しいピンク色に染まっていました。光をさえぎるものが無い砂漠では、一瞬にして光が全世界を支配してしまいそうでした。

続きを読む "ミリオンスター★ホテル~サハラ砂漠のテント泊~ "

| | コメント (0)

2007年3月 5日 (月)

白熱の夜!!世界一の祭典、リオのカーニバル!

Soda_imasyun 先日、リオのカーニバルとブラジル周遊のツアーより戻ってまいりました。今回はスイスのチューリッヒ経由、ビジネスクラスでゆったりと空の旅をお過ごし頂き地球の裏側へ。

アマゾン川の拠点の町、マナウスへ。到着した途端、熱帯のジャングルの薫りが吹いてきました。アマゾン川をクルーズし、小さなボートに乗り換え、ピラニア釣りをしたり、何十キロと交じり合わないネグロ川とソリモンエス川の合流点は見事にキレイな線を描いていました。マナウスの町は今では想像も付かないほど、19世紀初頭はゴムの好景気により世界中から注目を浴びていました。そんな面影が僅かに残るアマゾナス劇場は外の熱帯を忘れさせるような煌びやかな世界が広がっています。ジャングルの中に突如現れる豪華な建物を想像するだけでも不思議な空気を感じます。

続きを読む "白熱の夜!!世界一の祭典、リオのカーニバル! "

| | コメント (0)

2007年3月 2日 (金)

ようこそ、何十万枚田の世界へ!~元陽の棚田~

070302cv11 先日、「雲南・北部ベトナム少数民族街道11日間」のツアーから帰国致しました。このツアーは文字通り中国雲南省と、国境を越えて北部ベトナムの少数民族の郷を訪れますが、もうひとつの魅力は何といっても、中国雲南省に位置する元陽の棚田です。日本にも棚田はありますが、どんなに規模が大きくても千枚田レベルといいます。対してこちら元陽は「何十万枚田」の世界!これはこの地域に住む民族・ハニ族が400年という歳月をかけて創造してきたといわれています。このツアーでは、元陽に2泊して、各所に点在する棚田スポットにご案内致します。
ツアー4日目、いよいよ元陽に向かいますが、この日の昼食は元陽の下にある街でとりましたが、この時点で天気は晴れ。それなら予定にはないが、午後そのまま棚田に行こうということになり、一路山道をグングン上がって元陽へ。まず翌朝に見学予定の多依樹景勝区へ。ここでは、途中水牛とすれ違いながら、実際に棚田の下のほうまで降りていくことができました。その後、夕陽スポットとして名高い?達景勝区へ。山の向こうへ沈み行く赤い夕陽が棚田の水面に反射しとてもきれいでした。

続きを読む "ようこそ、何十万枚田の世界へ!~元陽の棚田~ "

| | コメント (0)

2007年3月 1日 (木)

バンコク、リゾートばかりでない、タイの魅力満載の旅

070301 「タイ大周遊12日間」の旅より帰国致しました。
タイというと、「すぐに行ける気軽な観光国」というイメージがあるようです。今回ご参加頂いたお客様もバンコクやリゾート地には行ったことがありもう少し見てみたいといった方が多かったのですが、タイが同じようなイメージを覆す「とても変化に富んだ国」だという事に驚かれたようでした。

旅は北部から始まり、ラオス国境やタイ国境まで赴き少数民族の村を訪ねて村の素朴な生活風景を見ることができました。途中で象に乗って村を回ったり、メコン川を船でクルーズしたことも冒険気分で面白い体験でした。旅の後半は東北部に点在するクメール遺跡やタイ族の王国遺跡で世界遺産のスコータイなども訪れましたが強烈な印象を残したのはカンボジア国境にあるカオ・プラ・ヴィハーン(タイ語)、プリアヴィヘア(カンボジア語)遺跡です!自然の地形をそのまま利用して断崖絶壁にシヴァ神を祭る神殿が建てられています。そこまでに至る階段や楼門を歩いていくことで、この先には何があるのだろう、この道をアンコールの王が登ったのだと思うと自然に心が高ぶります。

続きを読む "バンコク、リゾートばかりでない、タイの魅力満載の旅 "

| | コメント (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »