2007年3月23日 (金)

光り輝くエベレストを仰ぐ!

Img_3773 「エベレストを仰ぐ、ヒマラヤトレッキング」3月出発のこちらのツアーでは、まさにタイトル通り世界最高峰8848メートルのエベレストをお客様にご覧頂きました。通常ならば3月頃からネパールの国花、石楠花が美しく咲き始めるシーズンなのですが、今年はどうやら雪が多く降ったらしく現地ではまだ冬の気配が感じられたようです。その分空気がシャキッと澄み渡っており、第一の目的であるヒマラヤ山系の壮大な景観を大満喫できました。

 

トレッキング初日から第2日までは、不運にも雪や雨に見舞われてしまいました。しかし、ようやく6000メートル級の山々が顔を出し始めるナムチェバザール(第3日目)からシャンボチェ(第5日目)のビューポイントを辿るルートにて、まさにグッドタイミング!!快晴になりました。360度のパノラマビューを大迫力で望みます。2日間ゾッキョや村人たちと共に約1000メートル登ってきた甲斐があります。初日には遥か彼方に見えていたコンデ・リ(6187メートル)も目の前でその美しい稜線を見せてくれます。自分の足でゆっくりゆっくり、一歩一歩確実に進んで来たからこその感動が、胸に広がってゆきます。今までの疲れは一体何処にいってしまったのでしょう…。美しく輝くエベレストを仰ぎつつ、最後に別れを告げて、第5日目には行きと同じルートを辿り一路下山します。
 最後にエベレストの迫力もさることながら、現地のガイドさんや トレッキング中に色々お手伝いしてくださるシェルパさん、道中の村々で暮らしているネパールの人々。彼らと苦楽を共にし、そこで自然と生まれてくる繋がりや笑顔が一生の宝物になることでしょう!

(尾形真野)

ネパールのツアーはこちらから

|

ユーラシア旅行社のアジア情報」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社の自然情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。