2007年4月 3日 (火)

太陽+宗教+カレー=インド

Photo先日、「インド悠久文明の旅 13日間」の添乗より戻って参りました。
この時期のインドは大変暑いと思われて、敬遠される方もいらっしゃいますが、やはり暑い。しかし、裏を返せば、最もインドらしさを感じることのできる季節です。そんな暑さも含め、インドの持つ魅力は計り知れません。
今回のご旅行は、ムンバイからデリーまでの世界遺産を訪ねながら、電車にも乗り、インドの家庭を訪問、さらにヒンドゥー教の聖地ベナレスでの沐浴…。ホントに毎日がハイライト!暑い毎日だからこそ、観光客が少ない!だから、好きなだけ写真も撮れるし、じっくりと観光もして頂けるという嬉しい特典付きのツアーでした。もちろん本場のカレーもナンもお腹いっぱい食べてきました。辛いというイメージがありますが、日本人に合わせたとてもおいしいインドカレーです!
 

インドの人口は世界第2位の11億人、2050年にはなんと16億人になると予想されています。その膨大な人口のほとんどが何かしらの宗教を信じて日々生活しています。ヒンドゥー教、イスラム教、キリスト教、仏教、ジャイナ教、シィク教などなど、まさに宗教の坩堝インド。仲の良い宗教もいがみあっている宗教も今日の世界にはありますが、インドでは別問題。互いが絡み合い、独特の雰囲気を創りだしています。街中で異なる宗教の信者が仲良くしている様子も珍しくありません。現地にて寺院や建築、人間に触れてみれば必ずインドの宗教の魅力に魅せられること間違いなしです。

 インドにハマってしまう旅行者は大変多いです。私もその一人。何度行っても、必ず新しい発見が見つかります。以前に行ったことがある方、なんとなく敬遠している方、すでにハマってしまっている方、インドは本当にアツイ国です。そして広い国です。北インドには北インドの、南インドには南インドの魅力があります。是非是非、宗教という言葉がぴったりのインドを訪ねてみて下さい。(吉村 和馬)

インドのツアーはこちらから

|

ユーラシア旅行社のアジア情報」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社の文化情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。