2007年5月 2日 (水)

イベント開催地としてのフランスの見所

070502 4月16日発「フランス物語15日間」より帰国しました。今回の旅行中には、フランス各地でイベントがあり、またこれからイベントのある地を訪れてきました。
①全国的には4月22日にフランス大統領選挙が行われ、結果は5月6日にロワイヤル候補とサルコジ候補との一騎打ちの再選挙に持ち込まれました。
②マルセイユ滞在中には、マルセイユのサッカースタジアムにてフランスサッカー№1を決める大会の準決勝戦が行われ、マルセイユチームが勝利!フランスカップ決勝戦は5月12日!

③ワインはもちろん、一時期日本でも流行ったカヌレというお菓子の発祥地ボルドー市は、今年の世界遺産選考会でフランス代表として推薦され、7月に結果がでます。
④ニースから車で1時間半くらいで行ける隣国のモナコ公国では、5月24日から27日までF1モナコGPが行われます。公道サーキットでは観客席が設けられて、王宮広場からスタート地点を眺められる場所は、F1当日には50ユーロ席になるそうです。
⑤カンヌ国際映画祭は5月16日から25日に行われます。レッドカーペットの敷かれる階段で写真をぱちり。

各地で花がきれいに咲き誇るフランスですが、話題も咲き誇るフランスのイベント現場に訪れてみませんか?これからフランスを検討される方は是非、上記イベントを見て、旅行中その場に足を踏み入れて、現場に来たっと感じてください。またはイベントの模様を現地を訪れたら想像してみてください。フランスは今話題沸騰中です。 (高橋景子)

フランスのツアーはこちらから

|

世界の文化情報」カテゴリの記事

西欧・南欧情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。