2007年5月 1日 (火)

シチリア、独自の島文化に触れた。

070501 先日「シチリア島・マルタ島と南イタリア15日間」の旅へ出掛けてきました。見どころ満載のこのコース。おいしいマルゲリータピザ、とんがり屋根のアルベロベッロ、世界遺産に登録されている美しいアマルフィの海岸線、続くオレンジ色の屋根、陽気な音楽、緑と岩の大地など毎日わくわくの連続でした。今回はその中でも、南イタリアのシチリア島が印象に残りました。

南イタリアのシチリアと言って日本人が一般的に思い浮かべるは、おそらく・・・レモン、オレンジ、青い海、マフィア・・・このあたりでしょうか。しかし、本当はシチリアはただの南国の島ではありません。文明の十字路と呼ばれるには、それなりの歴史があるはずですから。

古代ギリシア人が築いた神殿群。

ローマ人が大好きだったモザイク。

アラブ人が持ち込んだヤシの木や農業方法。

ノルマン人(バイキング)のどっしりとした教会。

ビザンチンとギリシア正教。

スペイン王家も御用達?のマヨルカ焼き。

イタリア人が進める近代化。

目にしたものをざっと思い返してまとめてみてもこれだけ挙げられる、島の外から入ってきたもの。いかに多くの人や文化が入っては出ていったのか、ということが様々な場面で見て取れました。そしてこれらの文化がシチリア島という独特の環境の中で独自の形態を示しているのです。シチリア人は実際に自分達の激動の歴史を学び、心広くありたいと願うようになるのよとレストランのおばさんが話してくれました。今、日本の社会の成り立ちや日本人のモラル、生き方などに関して世間でよく話題になっているようですが、同じ島国として歴史を生き抜いてきたシチリアとそこに住む人々と交流をすることで、新たな発見や希望が見出せるかもしれない、などと大げさに考えてみたりした旅となりました。

陽気なイタリアを思いっきり陽気に過ごすもよし、おいしいもの探しに走るもよし、たわわに実るレモンを見つめて感慨に耽るもよし。皆様それぞれの楽しみ方を見つけに南イタリアへお出かけになりませんか。いずれにせよ、開放感を味わえること間違いなしですよ!(岡田あかね)

南イタリア・シチリア・マルタのツアーはこちらから

|

ユーラシア旅行社の文化情報」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社の西欧・南欧情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。