2007年6月 6日 (水)

中国・カザフ・キルギス国境越え~天山山脈満喫の旅~

Tenzan この度、5月14日「天山に抱かれて、カザフ・キルギスからウイグル自治区へ15日間」のツアーより帰国致しました。
このツアーは中国・カザフスタン・キルギスの3国の国境を陸路越えしながら、天山山脈を北から南からご覧頂くコースです。

まず、ウルムチを出発し、シルクロードの天山北路である国道312号線を伊寧まで256km走ります。天山山脈の北側を西へ向かって走るのですから、山脈は左手に見ることができます。途中、クリスタルブルーの水を湛えるセリム湖に立ち寄ります。「セリム」とはカザフ語で「幸福」という意味があります。湖の周りには黄色い野花が咲き、緑の草原のうえにはところどころ白いパオがたてられ、まさに「幸福」の場所といった趣です。
伊寧を出発し、国境の町コルガスへ。国境には、中国へ買出しに行ったカザフ人たちが溢れています。中国からカザフスタンには様々なものが輸入されていますが、個人的に買出しに行く人達もたくさんいるんですね。また、カザフスタン人の「中国へのお買い物ツアー」の方々もよくここを通るとか。みんな大きな荷物をいくつも抱えてカザフスタンに向かいます。なるほど、こんなにたくさんのものを一度に買うなら、カザフスタンのお店で買うより、中国に直接出向いて購入する方がお徳なんだと、納得。
カザフスタンの首都アルマトイの観光を終えて、キルギスに入ると、天山山脈の間を走ってイシククル湖へと向かいます。今回はお天気に恵まれ、湖面がキラキラ耀く、美しい姿を見ることができました。
その後、キルギスと中国との国境となるトルガルト峠への拠点の町、ナリンへ。途中、万年雪で覆われた天山山脈が正面に見えてきました。そして、いよいよ国境となるトルガルト峠を目指します。今度は、天山山脈にはさまれるように大草原の中を進みます。途中、中国と旧ソ連との緊張が高まった60年代に滑走路としてつくられた道路を走ります。そしてとうとう標高3574mの峠に到着です!
無事、中国に入国を果たしてからは、カシュガルからウルムチまで、南疆鉄道に乗り、車窓より天山山脈を眺めながら23時間の旅を楽しみました。
天山山脈を眺めながら、天山北路を天山南路を体験することができる、盛りだくさんのツアーです。皆様も是非一度、お出掛け下さい!!

担当添乗員 古橋

中央アジア方面のツアーはこちらから

|

ユーラシア旅行社のアジア情報」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社の自然情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221121/16275908

この記事へのトラックバック一覧です: 中国・カザフ・キルギス国境越え~天山山脈満喫の旅~: