2007年7月31日 (火)

チベット高原に可憐に咲く、ヒマラヤの青いケシ

Dsc_0103 先日、「青海省大周遊15日間」のツアーより帰国いたしました。7月は高山植物の花々が美しく咲く季節。お天気にも恵まれ、お花を見ながら青海省の大自然にふれることが出来ました。
青海省は中国の数ある省の中でも4番目に大きな省。4000Mを越える高原が大部分を占めます。

このツアーでは、青海省の省都:西寧から4WDに乗って青海湖そして、瑪多、玉樹、アムネマチンの麓の町:瑪沁また西寧へと戻る15日間。今の時期は特に高山植物が花を咲かせる時期なので、途中の峠でゆっくり写真を取ったり、お花畑でお花に囲まれて休憩したり、新しい種類のお花を求めて、丘を歩き回ったりと大自然を満喫できるツアーでした。
やはり、特に印象に残るのは様々な色のポピー。今年は少し花が咲くのが昨年に比べ遅いようで、私たちが行った時期はイエローポピーが満開。草原の山の上のほうまで背の高い黄色い花が咲いているのが、車から見えました。ポピーには非常に多くの種類があり、ブルーポピーといえども、花のつき方や、茎、大きさなど様々。色も濃い青から淡いもの、紫がかったものなど群生しているものは見えませんでしたが、多くの種類のポピーをみることができました。
また、瑪沁ではアムネマチン山脈の主峰が見ることのできるベースキャンプまで足をのばし、山を見ながらお弁当を食べることもできます。大草原の中で6000M級の山を前にゆっくりと時を過ごすのは最高の気分!!
秋になるとお天気も安定し、山が見える可能性が非常に高まります。お花の季節は来年となりますが、なかなか訪れることのない青海省の秘境に是非、足を運んでみてはいかがでしょうか。

担当添乗員 前田

中国・チベット方面へのツアーはこちらから

|

世界のお花・紅葉情報」カテゴリの記事

中国・モンゴル情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221121/16275509

この記事へのトラックバック一覧です: チベット高原に可憐に咲く、ヒマラヤの青いケシ: