2007年9月19日 (水)

結婚の季節(キルギス)

メルブ 先日、9月4日出発の「メルブ遺跡と中央アジア4ヵ国周遊」のツアーから帰国いたしました。このツアーでは中央アジアのウズベキスタン・トルクメニスタン・キルギス・カザフスタンの4カ国を周遊するツアー。中央アジアの魅力いっぱいのハイライトツアーです。

夏には50度を越えるという中央アジア。季節も秋へと移り変わりちょうど良い気候。特に実りの秋ということで果物が豊富!!道の両脇に大きなスイカやハミウリ、メロンなどのお店が並びます。また、中央アジアならではのブドウやアンズなどのドライフルーツも食卓にならびます。

今の季節は綿摘みの季節。ウズベキスタンやトルクメニスタンでは国を代表する産業の綿花業。両国では綿花を摘むためにアラル海の砂漠のほうから出稼ぎに来る人もいっぱいいます。ずっとずっと続く綿花畑にその間で綿花をつむ人々。そして所々にある白い綿花の山。この時期ならではの雄大な景色です。
しかしながら、この広い綿花畑には大量の水が必要です。乾いた大地に水を引くべく、アフガニスタンの山から流れてくるアムダリア川にはカラクル運河が作られ、水を使うためアラル海まで水がいかないという問題が発生してます。そんなことを思うと、改めて水の大切さを感じます。

キルギスの結婚 また、もうすぐ始まるラマダンの前にということで、色々なところで結婚式ラッシュ。特に、キルギスのアイシャ・ビビ廟ではキルギス版ロミオとジュリエットのヒロインの廟ということでたくさんのカップルが愛を誓い合っていました。花嫁さんの美しい白いドレスもさることながら、周りの人々もとても幸せそう。キルギスやカザフスタンでは結婚式ではカメラマン付のようです。国によって結婚式の事情も異なるようで、なかなか興味深い風景を楽しむことができました。

遺跡の観光も十分に楽しいですが、その季節ならではの風景を楽しみながら、人々の暮らしを見ることのできる刺激的な中央アジアを是非訪れてみてください!

|

アジア情報」カテゴリの記事

世界の文化情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。