2007年10月 3日 (水)

はしゃいで遊ぶ!(ベネズエラ

チナクの滝 先日、「緑の魔境ギアナ高地とテプイの懐深く 9日間」に添乗に行ってまいりました。ギアナ高地は南米大陸の北、ベネズエラ、ガイアナ、ブラジルなどの国々にまたがる広大な地域です。
ギアナ高地の地殻はおよそ20億年前のものと考えられ、動植物も固有種が多く生息しています。一言で表現すると、まさに“恐竜の世界”にタイムスリップしたよう景色が存在しています。

Guiana_flight この秘境に辿り着くのには首都のカラカスから航空便やセスナを乗り継いで行きます。滑走路のみの空港に降り立つとそこにはグランサバンナ(大草原)が広がり、四駆車で南に走るとやがて地平線から垂直にぽこぽこと飛び出したいくつもの“テプイ”と呼ばれる卓状大地群が見えてくるのです。

こんな大自然の中でいったい何を観光するのか?ツアーのメインは、巨大な卓状台地から流れ落ちる高さ979mの世界最長の滝、エンジェル・フォール。しかし、ギアナを堪能するならば何と言っても、滝遊びです!!

ハスペの谷 ギアナの大地には無数の川が流れ、やがて大河オリノコへと注いでいきます。その長い旅の途中で、大迫力な滝や繊細な滝が流れる川の表情を様々に見せてくれます。
観光で訪れる“ハスペの谷”もその一つ。ハスぺとは赤茶色の不透明な石英、ジャスパー(碧玉)のことで、ジャスパーの一枚岩の川床に美しい滝が流れています。ここでは滝を眺めるだけでなく、水着になってこの一枚岩を滑り台のようにお腹でつるつる滑って遊ぶことが出来るのです!また、パチェコの滝では水量が多ければ高さ2Mほどの岩の上から滝壺にダイブ!なんてこともしていただけます。

これからギアナ高地は乾季に入り、青空とエンジェル・フォールのコントラストが大変絵になる季節を迎えます。通常のツアーとは全く違う大自然の中ならではの五感を刺激する遊びを楽しめば、一生心に残る旅になること間違いなしです!

(佐賀)

ギアナ高地(ベネズエラ)を訪れるツアーはこちらから

|

中南米情報」カテゴリの記事

世界の自然情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。