2007年11月30日 (金)

ボーヌ・栄光の3日間

Beaune_fes1 この度、「フランスワイン街道の素朴な町や村」より帰国しました。シャンパーニュ、アルザス、ブルゴーニュといったワインばかりでなく、歴史や文化のある北東部を回るコースです。今回はブルゴーニュワインの首都とも言われるボーヌでのお祭りが含まれた為、14日間でのご案内となりました。

 ボーヌでの祭りはブルゴーニュ最大のもので、その名も「栄光の3日間」と言います。今年で147回目となる伝統があり、毎年11月の第三土曜日から3日間続きます。ワイン関係者や観光客が世界中から来る為、普段は静かな2万人の町はホテルを取るのも困難な程、賑わいます。私たちは二日目の祭りを楽しむことにしました。午前中はボーヌ慈善院であったオテル・デューの見学とワイン市場での試飲でした。この期間の試飲は通常とは違う特別なもので、10種類もの高価なワインがずらりと並び、ワイングラスを持って地下のカーブから順番に試飲していきます。60年代や70年代のワインを口にした時はまろやかな赤ワインの香りがふわっと広がり素晴らしかったと皆様に大好評でした。その場で試飲したワインを買うこともでき、日本ではなかなか手に入らないものばかりです。

午後の町は更にたくさんの人出となり、祭り最大のイベントであるワインの競売が行われ ました。オテル・デューが所有するぶどう畑で造られたワインを競売に掛け、その収益がチャリティーとしてオテル・デューや老人ホームの運営に使われるというものです。競売の賑やかな声が響く町中では、ワイン樽作りの実演やワイン栓抜きコンテスト、民族衣装を着たグループのパレードなどが行われ一層華やぎを添えていました。町のあちこちでは屋台が出て農家が持ち寄った手作りの食品やちょっと口にしてみたくなる、ホットワインやソーセージも売られており、地元の人々に混ざって冷やかして歩くのも楽しいものです。
 
 今回の旅行中にボジョレー・ヌーボーの解禁日にも当たりました。昼食時に早速皆様と一緒に乾杯!グラスからフレッシュなぶどうの香りが食事を更に楽しくしてくれるようでした。
 ワインが大好きな方もそうでない方も、晩秋の静かな町々と共に対照的なこの地方ならではの祭りもそれぞれ楽しんで頂く事ができました。11月は穴場の時期、次回のご旅行に是非いかがでしょうか?

(添乗員 帯津 和美)Beaune_fes2

フランスのツアーはこちらから

|

世界のお祭り情報」カテゴリの記事

世界のお花・紅葉情報」カテゴリの記事

世界の文化情報」カテゴリの記事

世界の自然情報」カテゴリの記事

西欧・南欧情報」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。来月上旬、初めてボーヌに行きますので、情報を集めており、こちらのブログにたどり着きました。この Marche aux Vins では購入したワインを日本に配送するサービスなどはしてますでしょうか?もしご存知でしたら教えて頂けないでしょうか?

投稿: ronron | 2010年9月14日 (火) 03時14分

ronronさん

ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。実はどういう訳かコメントが消えてしまったのは帯津の返信の方でございました。帯津が帰国しましたので、改めてご返信差し上げます。良い旅になる事を願っております。

投稿: 管理人 | 2010年9月27日 (月) 10時50分

秋のブルーゴーニュ地方、ボーヌへのご旅行、楽しみですね。さて、ワイン市場で購入したワインの日本への郵送ですが、12本以上から受け付けていましたよ。この町は小さいので、他にも郵送をしてくれるワイン店がいくつかあります。詳細は各店によって異なりますので、現地でも必ず確認して下さい。色々覗いてみると楽しいですよ!

投稿: 帯津 | 2010年9月27日 (月) 10時51分

管理人さま、帯津さま、ご丁寧なお返事をありがとうございました。配送OKで、しかも12本から受け付けて下さるというのは、嬉しいです。大変助かりました。ありがとうございました。

投稿: ronron | 2010年9月27日 (月) 17時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。