2008年2月15日 (金)

お魚がいっぱい!中国のハワイ・海南島

Li_zu 先日、「ぶらり海南島、楽園紀行 7日間」より帰国いたしました。
海南島はハワイと同じ緯度に位置し、「中国のハワイ」と呼ばれています。冬でも、通常は昼は30度前後で、夜も25度位でとても過ごしやすいのです。

海南島の魅力は、何と言っても海と砂浜の美しいことと、海鮮類の種類が豊富なことです。

広大な国土をもつ中国。内陸では海の魚が高級品ですが、こちら海南島では、日本では見たことのないような魚や、エビやカニが沢山あります。島国育ちの日本人には口に合う料理ばかりで、ついつい食べ過ぎてしまいます。
折角海南島まで足をお運び頂いたのですから、お客様には是非全種類味見して頂きたかったのですが、限られた日程では食べきれない程、種類が多いのです。

海南島には、山もあります。島の中央に位置する五指山には黎(リ)族という少数民族が住んでいます。
彼らの民族舞踊は独特です。竹を両脇の人がリズムをとりながら開いたり閉じたり。その上を黎族の若者達がぴょんぴょん飛び跳ねながら踊ります。
簡単そうに見えるので、お客様と一緒に挑戦してみたのですが、すぐに引っかかってしまいました。

真っ青な海を眺めながら、美味しいお料理を食べ、少数民族との交流も楽しむ・・・。
そんな楽しいことが盛り沢山の海南島へ、来年の冬は是非、お出掛け下さい!

(荒井千穂)

中国のツアーはこちら

|

ユーラシア旅行社の中国・モンゴル情報」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社の民族情報」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社の自然情報」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社の食事情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。