2008年2月 7日 (木)

大自然の宝庫コスタリカ

Quetzal先日、コスタリカ物語15日間のツアーに行って参りました。コスタリカは九州と四国をあわせた位の小さな国ですが、変化に大変富んだ地形で、ちょっとバスで走ると全く違った景色、気候になり、見える動植物も 変わるので飽きることのない15日間でした。

 今回のツアーで1番の目的は幻の鳥、ケツァール!ケツァールは標高の高いところでしか見られません。今回のツアーではそのチャンスが2回。まずは熱帯雲霧林のモンテベルデ。幻の鳥を求めて歩きますが、朝は私達以外のグループを含め誰も見ることができませんでした。でも森の中はただ歩くだけでも物凄い数の着生植物など面白い植物ばかりで、太古の森を歩いているよう。ケツァールは私達はツアーの後半で、見える確率の高いセロデラムエルテに行くのでここでは諦めていましたが、なんと午後のスカイウォークの観光の時に見ることができました!!

ケツァールの美しさは実際に見た方でないと分からないと思います。ケツァールは色素を含んでいるわけではなく、プリズムがあり、太陽の光を反射してあのようなきれいな色をしています。ですので、光によって本当に美しく色が変わり、輝きが違うのです。背中は青、緑に輝き、お腹は真っ赤な鮮やかな発色。そして雄だけがもつ長く美しい尾。舞う姿にはうっとりしてしまいます。本当に今回はラッキーグループでした。ちなみにセロデラムエルテでもメスだけでしたが、ばっちりみることができました。
 もちろんケツァール以外にもたくさんのカラフルな鳥がいます。ボートでジャングルの中の水路をクルーズで進むと、次から次へと違った種類の動物が出てきます。ガイドさんの鋭い目には驚きです。周りの景色になじんでて、言われても見つけるまでに時間がかかってしまいますが、バジリスクや、木にはりついたコウモリ、小さくカラフルなヤドクガエル、高いところのナマケモノ、運良くカワウソもでてきました。そして大声でほえるホエザルなどなど。
 都市部以外ではロッジにお泊り頂きましたが、周りが森林やジャングルだったりと大自然に囲まれている為、お部屋からちょっとでると、きれいなハチドリや猿を発見した方もいらっしゃいました。ちょっと早起きしてご希望の方とバードウォッチングをやったりと日程もゆったりしているので、自然を思う存分満喫できます。
 また、コスタリカには活火山が9つあります。なかでも一番活発なアレナル火山では夜の暗闇の中、真っ赤な溶岩が流れているところを見た時は本当に印象的でした。南米などと違い、少しの移動で、全く違った植生、動物に出会えるのことのできる大自然の宝庫です。ぜひぜひ皆様も訪れてみて下さい。

(川窪 康葉)

コスタリカのツアーはこちらから。

|

ユーラシア旅行社のハイキング情報」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社の中南米情報」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社の自然情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。