2008年3月27日 (木)

一足早い春のギリシアへ!

Delfi_nanohana 先日、「ギリシア歴史探訪 10日間」より帰国いたしました。
ギリシアはヨーロッパの中でも最南端に位置しているので、この時期でも比較的温暖です。例年ちょうどこの3月半ば頃から本格的な春の到来です。ギリシアは野に囲まれた遺跡を観光する事が多いのですが、その野を花々が彩る時期は、遺跡も一際映えます。黄色い菜の花や、梨の白い小さな花も咲きほころんでいました。また、お天気にも恵まれ、昼間は半袖で過せる日もありました。やはり春がもう既に来ていることを実感。

Olympia_pair 花が添えられ始めた数々の遺跡を訪ねてきましたが、今年、2008年はオリンピックイヤーです。今回のツアーでは素晴らしいタイミングでオリンピック発祥の地、オリンピアの遺跡を訪ねました。聖火の採火式が行われるというヘラ神殿を目の当たりにして、この場所であのオリンピックの式典が行われるのかと思うといつまでいても飽きることがありませんでした。 もちろんかつて徒競走を始めとする様々な競技が行われた古代競技場も見ものです。

北京オリンピック聖火の採火式は、ツアーが終了した翌日、3月24日に行われました。帰国後、改めてテレビでその様子を見ていると、さらにそこに行ったんだという実感が湧いてきます。神に捧げる為に行われた競技会。昔の人々に倣い、今年も正々堂々と素晴らしい競技会が行われることを願わずにはいられません。

今回のツアーは一足早い春の訪れと、オリンピックイヤーに心躍る10日間となりました。
(佐々木恵子)

ギリシアのツアーはこちらから

|

ユーラシア旅行社のお花・紅葉情報」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社の歴史情報」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社の西欧・南欧情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。