2008年3月13日 (木)

世界一美しい氷河、パタゴニア(アルゼンチン、チリ)

Moreno「南米のスイス、バリローチェとパタゴニア物語15日間」のツアーから帰国致しました。

 パタゴニアは南米アルゼンチンとチリの南部地方のことを指し、その地に住む先住民の名前から取られた地名の、日本から最も遠い場所だと言われている地球の裏側です。

 そんな場所に、世界で最も美しい氷河があるのです

その1 ペリトモレノ氷河(アルゼンチン)
 お天気も晴天に恵まれ、真っ青な空の下に聳え立つ氷河を見ることができました。湖面より40m顔を出し、水面下には100m以上の規模の氷河。
 夏の今の時期には崩落が見られます。
 その崩落を見るべく、近くでずーっと、ずーっと辛抱強く待ちます。ドキドキ・・・しながら、落ちそうな氷河に目を凝らしながら・・・。

すると突然「ズドーンッッ!」
 
 という轟音が鳴り響きます。音がしてから見るのでは、水面に落ちた後の波紋が残るのみで時既に遅し。
 そんな緊張感と、突然やってくる轟音で不思議な空間でした。1988年に起こった大崩落では、80km離れた町まで、その崩落音が鳴り響いたというのですから、氷河の密度と重さには圧巻です。

 その2 グレイ氷河(チリ)
 チリ側にももちろん氷河が沢山あります。グレイ氷河は崩落した後の流氷が有名です。その日もお天気に恵まれ、真っ青で、幅10m以上はありそうな流氷がいくつも湖面に浮かんでいます。その流氷を使った、氷でお昼ご飯は乾杯!これこそ身も心も氷河に浸かったと言えるのはないでしょうか?

 そんな氷河の崩落、流氷を喜ぶ私達ですが、実は地球温暖化が影響している事も忘れてはなりません。
 25年で10mもの氷河が失われたという話を聞きました。アルゼンチン人が、あと50 Grey_lake 年後に同じ規模の氷河が見られるとは思わないわ。と嘆いていました。
 
 大切な地球の宝物をなくさない為の努力と同時に、そんな氷河が消え去る前に!是非パタゴニアへお出掛け下さい。壮大な地球の大自然が待っています。

(坂岸 茉莉)

南米のご旅行はこちら

|

ハイキング情報」カテゴリの記事

中南米情報」カテゴリの記事

世界の自然情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。