2008年4月17日 (木)

ウィーン、リンク沿いの町並み

Vien_operahouse 先日、「ワールド・トラベラーズ・プラスで行く!プラハ・ウィーン・ブダベスト8日間」のツアーより帰国しました。プラハでは残念ながら寒い雨の降る中の観光となりましたが、南下するにつれて気温が上昇し、最終日のブダペストの観光ではなんと22度というポカポカ陽気に恵まれながら観光を行うことができました。

今日は私の大好きなウィーンでの自由時間に是非足を運んでほしい見所をお伝えしたいと思います。
ウィーンの街はとても観光しやすく、中心部に見所が多く集まっているのが特徴です。

19世紀後半、ハプスブルク家の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世は大規模な都市改造を行い、旧市街を囲んでいた市壁を撤去し堀を埋め立てて、環状道路(リンク)をつくりました。現在ではこのリンクに路面電車が走り、そしてリンク沿いにはオペラ座、国会議事堂、市庁舎、旧王宮(ホーフブルク)、ブルク劇場、自然史博物館、美術史博物館など歴史的建造物が多く見られます。

Sachertorte リンクを走っている路面電車は時計回り、反時計回り、両方向に路面電車が走り、この美しい建造物を電車の車窓から楽しめます。距離にして約4Km、一周約30分周遊すれば、ウィーンの地理がつかめます。

まずは路面電車に乗って、まずはヨーロッパ3大オペラ劇場の一つで、現在、小澤征二さんが音楽監督をされている由緒あるオペラ劇場の内部見学ツアーへ。日本語ガイドによる興味深い話を聞いた後は、再び路面電車に乗って、絵画、工芸品のコレクションはもちろん館内の装飾も素晴らしい美術史美術館でブリューゲルやルーベンスの作品を十分に鑑賞します。

そしてそろそろ観光もひと段落して、疲れてきたころに甘いものなんていかがでしょう。あのチョコレートケーキで有名な「ザッハー」でウィーン名物「ザッハートルテ」と「アインシュペンナー(生クリーム入りコーヒー)」召し上がって頂き、気分はもうウィーン貴族♪
このツアーの売りといえば、それぞれの主要都市で立地にこだわった5つ星ホテルに2連泊すること。ウィーンではリンク沿いのホテルでのご宿泊が確約されていますので、自由時間で観光もお腹も満足したら路面電車に乗って一周して帰るのも宜しいのではないでしょうか。
Wienerschnitzel (米村 嘉奈)
中欧を訪れるツアーはこちら

|

中欧・東欧情報」カテゴリの記事

世界の文化情報」カテゴリの記事

世界の料理情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。