2008年5月16日 (金)

魅力盛り沢山!!オランダ・ベルギー

Blogtemplate 先日、「花のオランダ・ベルギー周遊 11日間」のツアーより帰ってまいりました。この旅行の魅力はなんといっても花と絵画です。
このオランダ・ベルギーの旅行が始まるとヨーロッパの旅行シーズン到来!!これからのヨーロッパ旅行に思いを馳せます。
その先駆けとなるこの春の魅力一杯のこのツアーで、まず圧倒されるのが溢れんばかりに咲き乱れた色とりどりのお花!一面に咲いたチューリップのキューケンホフ公園はもちろん期間限定のラーケン王宮植物園や今年はブルーベルの森にもご案内しました。特に今年から取り入れたブルーベルの森は自然の森に咲いた薄紫の絨毯が広がります。森に包まれた場所に咲くその花は木々の緑と木漏れ日とが重なり、心落ち着く風景が目の前に広がります。見て色を楽しみ、鼻で香りを楽しむ。そして音や触感なども使い、春を感じる事ができました。

Photo そしてもう一つの魅力は絵画。数えあげるとキリがないほどですがこのオランダとベルギーのツアーで見られる代表的な画家としては「フェルメール」、「ゴッホ」、「ルーベンス」、「レンブラント」などなどこの他にも多くの作品を擁するこの2国。やはり名画は何回見ても、何度見ても飽きることはありません。
そして夏には緑に覆われ、秋には黄葉。そしてその黄葉の季節には狩猟も解禁になり秋の味覚「ジビエ」も味わえます。冬にはクリスマスイルミネーションとどの季節に訪れても違った魅力を感じられるこの2国は一度行ったらやみつきになります!

(義本健太)

ベネルクスへのツアーはこちら

|

ユーラシア旅行社の西欧・南欧情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。