« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

初夏の花と大自然を楽しむアイルランドの旅

6月上旬「北アイルランド・南アイルランド周遊 13日間」Photo_5 より帰国致しました. 今年は、春の花が例年より遅めだったこともあり, この時期でも多くの花をご覧頂くことができました。

続きを読む "初夏の花と大自然を楽しむアイルランドの旅"

| | コメント (0)

2008年6月27日 (金)

北部イタリア中世都市、城塞のオルヴィエート

Orvieto_wall 「イタリア大周遊 20日間」の後半はイタリアをローマ・フィレンツェ・ヴェネツィア・ミラノといったイタリアを代表する都市を中心に巡る「毎日がハイライト」の10日間になります。そしてイアリアの旅をより深く思い出深いものにしてくれるのが大都市の間に点在する中世都市です。

イタリアを旅していると小高い丘や山の上に町が作られているのをよく目にします。山の麓に広がる町や村の景色を見慣れた日本人にとってはとても不思議な風景に思えます。中世の時代、イタリアは数多くの「都市国家」が乱立する戦国時代でした。隣の町は別の国であり、いつ侵略してくるか分からない敵だったのです。そういった理由から町は要塞を兼ねる造りであることが求められ、山や丘の上に城砦状に発展していきました。

続きを読む "北部イタリア中世都市、城塞のオルヴィエート"

| | コメント (0)

2008年6月26日 (木)

マテーラに見る南イタリアの光と影

Trinacria 「イタリア」と聞いて浮かぶイメージ・・・ローマの遺跡、フィレンツェのルネサンス芸術、ヴェネツィアの水上都市、青の洞窟・・・もっと広げてシチリアのマフィアにナポリの火山とポンペイ遺跡、北部のアルプス・・・。あらためて考えてみると、「イタリア」という国が持つイメージの多様さに驚かされます。それもそのはず、現在の「イタリア」が誕生したのは1861年のこと。中世以降のイタリアは都市国家の集まりであったり、外国勢力の支配下にあったりとそれぞれの地域が波乱万丈の歴史を歩んできました。それぞれの町が強烈に際立つ個性を持っているのもその歴史ゆえなのでしょう。そんなイタリアの様々な「個性」を一度に楽しみたい!という方にお勧めなのが「イタリア大周遊 20日間」のコースです。野花が美しい5月、イタリアは最高の「大周遊日和」でした。

続きを読む "マテーラに見る南イタリアの光と影"

| | コメント (0)

2008年6月25日 (水)

チュニジアでローマ遺跡を満喫

A  先日、「チュニジア周遊10日間」より帰国致しました。毎日気温は30度近くまで上がりましたが、日本と違って湿気がなくからっとしていますし、また涼しい風も吹き抜け、とても過ごしやすい気候でした。
 チュニジアは小さな国ですが、美しい地中海やサハラ砂漠、保存状態の良い数々のローマ遺跡、各地のメディナ(旧市街)と見所が沢山。移動中に車窓から見られる景色も、北部では一面の麦畑やひまわり畑、海沿いではオリーブの木々、南部ではラクダのいる荒涼とした大地と次々に変わっていき、飽きることがありません。また、今回の旅行中は北部での移動中、羊の群れに遭遇。犬に先導された沢山の羊達が道路を歩き、馬に乗った羊飼いの女性が追っている姿が印象的でした。
 

続きを読む "チュニジアでローマ遺跡を満喫"

| | コメント (0)

2008年6月24日 (火)

世界シェア80%、バラの産地(ブルガリア)

Rosefes3 先日、「ルーマニア・ブルガリア物語」の旅より帰国しました。ブルガリアといえばヨーグルト!のイメージから一転、今や琴欧州の故郷としての知名度が上がってきたブルガリアですが、香油用バラの産地として世界的に有名です。
5月末から6月中旬にかけてピンク色のダマスクローズが咲き乱れるこの時期にユーラシア旅行社では“プライベートばら祭り”へご案内させて頂きました。
一般にバラ祭りといえば、バラの谷に位置するカザンラクで催されるものですが、この時期は観光客が殺到し、混雑します。混雑の中慌しくお祭りを見るのではなく、バラ摘みの季節到来の喜びをより近くで感じ、暖かなブルガリアの人々のもてなしをより楽しんで頂きたい…
そんな思いから今年企画させて頂きましたのがユーラシア旅行社の“プライベートバラ祭り”なのです。バラの谷には小さな村が点在していますが、私達のツアーではそのなかの『ロゾボ』村を訪れました。

続きを読む "世界シェア80%、バラの産地(ブルガリア)"

| | コメント (0)

2008年6月23日 (月)

バオバブ三昧(マダガスカル)

Baobabu 先日「バオバブの並木道とマダガスカル絶景ハイキング 12日間」のツアーより戻ってまいりました。
マダガスカルの景色と言えば、まず思い浮かぶのが「バオバブの木」ではないでしょうか?巨人が木を根っこごと引き抜き、それを逆さにして大地に突き刺したという伝説のあるバオバブの木ですが、まさにその伝説通り、空に向けて根っこを伸ばしているように見えます。サン・テグジュペリの小説「星の王子様」にも登場し、空の星を覆い隠そうとする悪者としても描かれていますが、その姿は実にユニーク。

続きを読む "バオバブ三昧(マダガスカル)"

| | コメント (1)

2008年6月20日 (金)

フンザ(パキスタン)とドランムカム(中国)を訪ねて

001_2  先日、『パミールを越えて、桃源郷フンザとシルクロード列車、新砂漠公路縦断』の添乗より戻りました。車で国境を越える中では、世界最高峰のクンジュラブ峠を2回越えて、中国とパキスタンを往復してきました。
フンザは、宮崎駿監督のジブリ作品『風の谷のナウシカ』の風の谷のモデルになったと噂されている所で、ドゥイケルの丘などから見下ろすその渓谷の風景はまさに風の谷そのものでした!!

続きを読む "フンザ(パキスタン)とドランムカム(中国)を訪ねて"

| | コメント (3)

2008年6月19日 (木)

雄大なアルプスと近代音楽を訪ねて(オーストリア)

Blogtemplate_2先日、「オーストリア、8つの世界遺産巡りと湖水地方の旅 13日間」より戻りました。
このツアーはまず、ウィーンに降り立ち時計回りに一周。湖水地方も丁寧に周遊します。その中でも魅力なのが美しい町が多く残るザルツカンマーグートの湖水地方。ザルツブルグやその湖水地方、そして首都ウィーンに2連泊とゆったりの日程。
その湖水地方では至る所に美しい湖。水面には白雪をかぶったアルプスの山々が映ります。山の上からその湖水地方を見下ろすと雄大な自然と湖がまるで一枚の絵のように映し出され思わず深呼吸。美味しい空気を胸いっぱいに吸い込みます。爽快!の一言。

続きを読む "雄大なアルプスと近代音楽を訪ねて(オーストリア)"

| | コメント (0)

2008年6月18日 (水)

聖地巡礼で聖人気分!?

Camino_1 先日、心身ともに清らかになって「ル・ピュイから聖地サンチャゴへ 12日間」から帰国しました。キリスト教三大聖地のひとつ、サンティアーゴ・デ・コンポステーラを詣でてきたのであります。

「巡礼」と言うとどうしても、「苦行の旅」というイメージが浮かんできますが、もちろんユーラシアで行く旅は違います。道中では、石組みの鄙びた家々が並ぶ小村を散策したり、素朴なロマネスク彫刻で彫り込まれた教会・修道院などを訪れ、フォアグラや帆立貝など各地の美食を味わったりと寄り道の楽しみは尽きません。今回は途中ピレネー山脈を越えて、聖地まで計1,000km以上にわたる巡礼の旅でした。

続きを読む "聖地巡礼で聖人気分!?"

| | コメント (0)

2008年6月17日 (火)

トルコ~懐かしのサフランボル、魅惑の地イスタンブール

サフランボルの町並み

今回私は『トルコ自然・歴史遺産と古都サフランボルを訪ねる 12日間』のツアーに添乗させて頂きました。

『サフランボル』-昔サフランが群生していたことからこの地名がつけられました。オスマン帝国時代に最も栄えた隊商宿で100年~200年前に建てられた木造の家々が今も尚、その姿を残しています。1992年には世界遺産にも登録されました。『チャルシュ』と呼ばれる旧市街は全て歩いて回れるほど小さな場所です。パン屋、ロクム屋(トルコ名物のお菓子)が数軒、その他色とりどりのスカーフや雑貨のお店が並びます。そうそう、サフラン茶が飲めるのもこちらの町ならでは!黄色が色濃くでたこのお茶は、体質改善にも効果があるとか。この町の珍しいお土産物のひとつです。また古い民家を改装した味わいのあるホテルでのご宿泊もお楽しみいただけます。トルコの人々にとっても懐かしい昔ながらの町、サフランボルをお楽しみいただけるのは、ユーラシアの旅ならではです。

続きを読む "トルコ~懐かしのサフランボル、魅惑の地イスタンブール"

| | コメント (0)

2008年6月16日 (月)

ここも中国?中国最西端カシュガルへ

Hotan この度「カシュガルから敦煌・楡林窟へ 15日間」より帰国しました。シルクロードの出発点西安より中国に入り、敦煌の莫高窟や楡林窟といったシルクロード仏教伝来の縁の地から、中国の西の果てカシュガルまで、中国のシルクロード部分を15日間かけて走破する旅です。
中国の大きさ・深さは自然と歴史と人です。今回のツアーではそれら全てを満喫する、欲張りな15日間でした。

まずは西安。中国の王朝がつぎつぎに都としたこの街は、今も中国内陸の一大都市です。縦横の道が整然と街を作り、十字に交わる大通りは、鐘楼を中心に華やかに賑わっていました。城壁の上を輪タクで移動。眼下に広がる西安の町は、懐かしさも垣間見られる素敵な景色が広がっていました。 

敦煌では莫高窟・楡林窟。中国独特の色使い、線使いとともに、中央アジアやインドの影響も多分に見られる迫力の壁画群には、驚嘆のため息。歴史的にも中国中央からの影響の薄いこの辺りから、徐々に人々の顔も変わってきます。

そしていよいよ新疆ウイグル自治区。ホータンに着けばそこは外国!!(まあもともと中国も外国ですが・・・)すれ違う人は皆中国人らしからぬ顔立ちばかりですし、身を包む衣装も異国情緒たっぷり。街をふらつけば、ナンの香ばしい香りがして、色彩豊かな果物が街に鮮やかに彩を添えます。さらに、オアシスの出入口、ポプラの並木道をロバ車が通れば、なんと絵になることでしょう。

続きを読む "ここも中国?中国最西端カシュガルへ"

| | コメント (0)

2008年6月13日 (金)

アメリカ西部国立公園の大自然を訪ねて

Canyon_lands  先日、「アメリカ西部国立公園物語 16日間」
帰国しました。アメリカ西部は、一年の中で5月~6月が最も気候も良く過ごしやすい時期になります。
 このコースは、アメリカの西部の10の国立公園と5つのモニュメントを16日間掛けバスで大移動をして行きます。約4000kmの大陸縦断ですが、目的地に辿り着くまでの車窓からのアメリカの広大な風景が本当に絵になり、時を忘れてしまう程です。

続きを読む "アメリカ西部国立公園の大自然を訪ねて"

| | コメント (0)

2008年6月12日 (木)

東欧の裏庭は大いなる歴史の揺りかご!(ベラルーシ・モルドバ・ウクライナ)

Poppies 先月、激動の20世紀末をへて新しい道を歩みはじめた、ベラルーシ、ウクライナ、モルドバを訪ねてきました。ベラルーシの街道沿いはうす曇の空に菜の花の黄色の色がまぶしく目に飛び込んできましたが、ウクライナの黒海近くまで南下してくると今度はけしの花が可憐な赤い花を咲かせていました。季節は、16日間の旅の中で早春から初夏と駆け足で移り行きました。
今回訪問した地は、紀元前には秀逸な黄金装飾で知られるスキタイ人が草原を駆け抜け、10世紀にはキエフ・ルーシ王国が広大な領土を誇ったところ。しかしその後、穀物が豊かに実るこの「ヨーロッパのパン籠」では幾多の争乱の舞台となり、今世紀にいたるまで大国のはざまで苦難の道を歩んできました。

続きを読む "東欧の裏庭は大いなる歴史の揺りかご!(ベラルーシ・モルドバ・ウクライナ) "

| | コメント (0)

2008年6月11日 (水)

「まばゆい光溢れる南仏へ!」

1_2

 この度、フランス物語15日間より帰国致しました。フランスといえば、まず思い浮かべるのはパリ。多彩な魅力にあふれた歴史・文化の都は、昔から人々を魅了してきました。しかし、フランスはパリだけではありません。個性的な地方の魅力も私たちの心をとらえます。とりわけ、甘く響くのが「南仏」という言葉ではないでしょうか。

 南仏に魅了された人々の中には、数多くの作家や画家もいました。特に印象派の画家は南仏に引き寄せられ、ここに暮らした人々も少なくありません。刻々と変化する積み藁に当たる陽光を「連作」というかたちで追及し、後にジヴェルニーのアトリエで光と色彩表現の集大成「睡蓮」を制作したモネ、故郷エクサン・プロヴァンスで人物群像やサント・ヴィクトワール山をモチーフに、光のオブジェとして感覚的な色彩表現を追及したセザンヌ…。そして、言わずと知れた世界的な画家ゴッホも「日本の風景」を求めてアルルへとやって来たのでした。今回の旅では数多くの画家に出会いましたが、ここではゴッホをクローズアップしたいと思います。

続きを読む "「まばゆい光溢れる南仏へ!」"

| | コメント (0)

2008年6月10日 (火)

トレドの聖体祭(スペイン)

Toledo_fes2 先日、「華麗なるスペイン紀行」より戻りました。まさにスペインのハイライトを巡る決定版!といったツアーで、余すことなくその魅力を堪能して参りました。
今回の見所は、1年に1度外に持ち出される、「アルフェの聖体顕置台」と呼ばれる宝物を見物できるトレドの聖体祭。普段は大聖堂の宝物室に保管されている逸品で、ドイツ人エンリケ・デ・アルフエによって作られた金銀・宝石を散りばめた豪華なみこしです。本日は、その様子をご案内したいと思います。

「もしスペインでたった1日しか時間がなかったら、ためらわずにトレドを見よ」と言われる程、スペインの歴史と文化が凝縮された町。三方がタホ川の深い峡谷で守られている高台に位置し、大聖堂、数々の教会や尖塔が印象的な町並みを作っています。見る人に強烈な印象を与える都市のパノラマは『トレド風景』 という題名でエル・グレコよって描かれているほどです。

続きを読む "トレドの聖体祭(スペイン)"

| | コメント (0)

2008年6月 9日 (月)

ピクニック IN イラン

先日、「イラン歴史物語 15日間」のツアーより帰国致しました。
イランと言うと、宗教的、政治的なことを含めて難しい国とお考えになって、ご旅行することを敬遠されている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、実際に訪れてみると、イランの人々は親日的でかつ非常にフレンドリーであり、これほど居心地の良い国はないと思えるほど観光しやすいところでした。
そして面白いと思ったのが、彼らは皆ピクニックが好きなことでしょうか。たとえばあらゆる観光地に行くと、彼らは家族連れでテントを張って、バーベキューを楽しんだりしている光景をよく見かけました。また、イスファハンのイマーム広場へ夜景見学をしたときのこと、ここでも多くの家族や友人達がござを引いてお茶を飲んだりお菓子を食べるなどして楽しんでいました。前のケースも後のケースも、私たちがその様子を眺めていると、笑顔で手招きをして「こっちのおいで!」と誘ってきてくれHana_3 ました。

続きを読む "ピクニック IN イラン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

「黄金の環」スズダリへ(ロシア)

Suzudari2先日「ロシアの原風景、黄金の環と二大帝都」9日間の旅から戻って参りました。
ツアータイトルにもなっている「黄金の環」とは中世の姿を今なお留める古都群のこと。その中心都市のひとつにスズダリがあります。

続きを読む "「黄金の環」スズダリへ(ロシア)"

| | コメント (0)

2008年6月 5日 (木)

月夜に見る虹~ジンバブエ・ビクトリアフォールズ~

Victoria_falls  皆様、夜にも虹がかかることをご存知でしょうか。ルナレインボー(月の虹)、と呼ばれる満月の時にだけ見られる神秘的な光景。月の光が明るい夜であり、かつ虹がでるための水煙がなければなりません。これはなかなか簡単にみられる光景ではないのですが、私が先日ご一緒させて頂きました「ビクトリアの滝と喜望峰、南部アフリカ4カ国周遊 9日間」のツアーでは本当にラッキーなことにその光景を目の当たりにしたのです!!

続きを読む "月夜に見る虹~ジンバブエ・ビクトリアフォールズ~"

| | コメント (0)

2008年6月 4日 (水)

東北へ!

Akashia 東北地方から戻ってまいりました。といっても日本の東北ではなく、中国の東北です。かつての満州といったほうが、ぴんと来る方も多いでしょう。
旅は、今や「北の香港」といわれる大連から。ここには日本時代の建物が多く残されています。昔、満州一の格式を誇った旧ヤマトホテルや昔の横浜正金銀行などが、当時の面影そのままに中山広場に面して建ち並んでいます。しかし、その向こうには真新しい超高層ビル群が!怒涛の発展を続ける中国パワーと重厚な昔の建築群が妙にマッチした不思議な空間となっていました。そして、この時期、忘れてはならないのがアカシアの花です。大連には「アカシア通り」なるものがあり、街路樹としてアカシアが植えられています。白い花の房が緑の葉からたわわに咲き誇っている様は可憐そのもの。まるでパリ?のような華やかさがありました。

続きを読む "東北へ!"

| | コメント (0)

2008年6月 3日 (火)

「5月の雪、ナルシスを訪ねて」

Photo

先日、「ナルシスの花畑と美しい春のスイスへの旅 10日間」の旅より帰国致しました。スイスというと6,7月がベストシーズンと思われている為か観光客がまだまだ、少なく、静かな中でゆったりと過ごすことができました。

続きを読む "「5月の雪、ナルシスを訪ねて」 "

| | コメント (0)

2008年6月 2日 (月)

南西フランスの絵のような風景へ

Conque 心惹かれるツアータイトル「南西フランス、絵のような風景へ」。そのタイトルから抱く期待を決して裏切らない、タイトル通りの魅力溢れる街々と“絵のような風景”が続く、南西フランスのツアーから、先日帰国いたしました。そして、帰国した今も、私の心はうっとり南西フランスに囚われております。華やかなイメージのパリ。それとは対照的で“素朴”な街が多い南西フランスの田舎。特に今回は「フランスの最も美しい村」に認定されている小さな街(村)を7つも訪れました。

続きを読む "南西フランスの絵のような風景へ"

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »