2008年6月20日 (金)

フンザ(パキスタン)とドランムカム(中国)を訪ねて

001_2  先日、『パミールを越えて、桃源郷フンザとシルクロード列車、新砂漠公路縦断』の添乗より戻りました。車で国境を越える中では、世界最高峰のクンジュラブ峠を2回越えて、中国とパキスタンを往復してきました。
フンザは、宮崎駿監督のジブリ作品『風の谷のナウシカ』の風の谷のモデルになったと噂されている所で、ドゥイケルの丘などから見下ろすその渓谷の風景はまさに風の谷そのものでした!!

002

平均標高2400Mのフンザ谷一面に広がる段々畑と緑の木々の姿。そして、フンザ谷を囲むパミールの山々。レディー・フィンガー、ウルタル、フンザピーク、ゴールデンピーク、ディラン。そして最高峰ラカポシ(7788M)の雄姿は、何度見ても、とても素晴らしく、何時間でも時が許す限り見ていたいと思ってしまうほどです。朝日に照らされるパミールの山々、青空の中のパミールの山々。そして夕日に照らされ、最後には夜空の満点の星に囲まれるフンザの風景美は、とても感動ものです。
そして、カラコルムハイウェイ名物の一つ、パキスタンの伝統的なデコレーションで派手に飾られたトラック達。派手なトラックとパミールの美しい山景色のコントラストが、とてもユニークです。
フンザの人々の起源は、アレキサンダー大王に遡るといわれています。彼らは、西洋人の顔立ちをしており、とても不思議な感じを覚えます。彼らはとても人懐っこく、笑顔で私達を迎えてくれるので、美しい自然に優しい人々に囲まれたフンザの滞在はとても楽しいものでした。
また中国とパキスタンの国境、標高4943Mのクンジュラブ峠の風景も素晴らしいもので、草原、カラコルムの山々、氷河などの美しい自然美がいっぱいです。
自然美に囲まれる15日間の中で、もう一つ地元の人達と触れ合える機会があったのが、新疆ウイグル自治区メルケトでのドランムカムです。
今回はメルケト郊外の農民の村で、ドランムカムを見てきました。ドランムカムは世界無形文化遺産に登録されているウイグル族の歌舞演奏です。農民達が楽しそうに踊る姿は見ていて、心がとっても和みます。そのうち、村の子供達も集まってきて、皆で踊って、楽しむ空間、お婆ちゃんから子供まで、広い世代の地元の民と触れ合える機会は、そうそうありません。
何度もウイグル族のおじいちゃん、おばあちゃんに誘われてしまって、沢山踊らされてしまいました。

自然と人とも触れ合える新疆ウイグル自治区とパキスタン・フンザの町。是非、足を運んで見てください。一足踏み込めば、そこはとっても素晴らしい世界が広がっていますから。 (深澤亜紀)

フンザ、中国(新疆ウイグル自治区)へのツアーはこちら

|

ユーラシア旅行社の中国・モンゴル情報」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社の民族情報」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社の自然情報」カテゴリの記事

コメント

深沢さんへ!!

 今晩は、上記ツアーに同行させて頂きましたK/髭爺です。
その節は色々とお世話に成りました。

本格的なツアー参加は初めてでしたが、深沢さんを始め現地ガイドの方々の細かいお気遣いのお陰で、アッと言う間の15日間でした。 出来る事なら主要な都市では、夫々3~4日間程度の滞在日程が欲しい程でした。

退職後の年金暮らしでは、思うように海外には出られませんが、
是非、今一度新彊、フンザを訊ねたいですね!!
ありがとうございました。

投稿: K/ 髭爺 | 2008年6月21日 (土) 20時04分

K/ 髭爺さま

この度は、弊社ツアーにご参加賜り、誠にありがとうございます。
また、コメントをいただき、ありがとうございました。

深澤が出社し次第、返答をさせて頂きます。

管理人

投稿: 管理人 | 2008年6月25日 (水) 19時17分

早速、blogをお読みいただきまして、ありがとうございます。
こちらこそ、お世話になりました。

ツアー中体調を崩してしまいましたが、復活してからの
日々はあっという間でした。その間には皆様にはご迷惑
をおかけしてしまい本当に申し訳ありません。

色々なお話をすることが出来たこと、本当に楽しかったです。
K/髭爺様のお仕事体験談など・・・すごい経験をされていて
びっくりでしたが。

またどこかでお会いできることを心から願っております。
お体に気をつけてください。

投稿: 深澤 | 2008年6月26日 (木) 10時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。