2008年8月13日 (水)

「紅く染まるロートホルン山頂」

「スイスの優雅な休日」先日、このツアーの添乗から帰ってまいりました。 08081301
このツアーはツアー名の通り、12日間かけてスイスを優雅に巡るツアー。
今回の見所はなんといってもロートホルン山頂ホテル泊です!!

かわいいロートホルン鉄道に乗車し、山頂観光で約1時間の滞在で終わりといったツアーが多い中、今回はその山頂で約17時間も滞在。たっぷりと時間を使い、山頂ホテルを満喫しました。
この鉄道の歴史は古く、完成は1892年。その時代から今も現役で活躍しているSL列車もあるほどです。シュッポ、シュッポと気持ちのいいリズムで約1時間をかけ、標高2244mの山頂を目指します。標高差なんと1678m!平均時速も8kmとなんともいえないかわいい2両編成。文字通り、ゆったりとした優雅な乗車の時間です。
そして山頂までの道のりも飽きさせない工夫。木を妖怪のようにくり抜いた切り株やきのこの形をした切り株、黄色の花の絨毯や草の緑の美しさなど写真もシャッターを押さずにはいられない風景が待ち受けています。
山頂では眼下に氷河の水が溶け出した水が青く輝くブリエンツ湖。正面には赤く染まりゆくベルバーオーバーランドの三山(アイガー、メンヒ、ユングフラウ)。
08081302 夕陽と朝陽で紅く黄色く染まるロートホルン山頂は宿泊者にしか味わえない最高のひと時。シュタインボックも夕陽・朝陽に染まりながら私達を迎えてくれました。
こんな楽しい「優雅な休日」もあっという間に12日間が過ぎ、帰国の途へ。
優雅な中にも観光がぎっしり詰まったこのツアー。来年もロートホルン山頂ホテルに泊まってみたいものです。

(義本 健太)

|

ハイキング情報」カテゴリの記事

世界のホテル情報」カテゴリの記事

世界の自然情報」カテゴリの記事

西欧・南欧情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。