2008年8月 4日 (月)

地球を実感!カムチャツカでの感動の毎日

Caldera この度「クリル湖からゲーゼル渓谷へ、カムチャツカの大自然を極める8日間」より帰国しました。
カムチャツカ州はロシアの領土でシベリアの近く、オホーツク海と太平洋の間にある半島です。ソ連時代は外国人に対してだけでなく、ロシア人にとっても完全に閉鎖された土地でした。つい最近になって観光客が訪れるようになったばかりのカムチャツカは、今でも手つかずの自然の姿をとどめています。この半島に住む人の8割は州都、ペトロパブロフスクカムチャツキーに済んでいます。そのため、この町には市場やスーパーもあり、道路も整備されていますが、町から少し離れると家も道もありません。

Helicopter ヘリコプターで上空からカムチャツカの大地を眺めていると、手つかずの自然というのがよ~くわかります。
このコースでは、2回のヘリツアーが日程に組み込まれています。
1回目はカムチャツカ半島の南端に位置するクリル湖へ向かいました。遠くまで澄み渡る青い空と悠然と立ち並ぶ美しい山々、そして本当に道すらない、自然のままの緑の大地!クリル湖到着までの1時間半、その景色に見飽きる事無く、窓に張り付いたままあっという間に時は過ぎて行きました。クリル湖には夏に遡上してくる鮭を狙ってヒグマが集まります。今回もヒグマに会える事を期待しながら、まずはクリル湖畔をお散歩・・・と思っていたら突然、ガサガサッとヒグマのこどもが草むらから顔をだしました!こちらの様子を見ていましたが、しばらくすると、また草むらの奥に行ってしまいました。クマの王者ヒグマは、相手が自分の敵ではないとわかったら去ってゆくそうです。でも、こちらの態度によっては襲ってくる事もあるので大変危険です。いざという時はレンジャーが私たちを守ってくれますが、やはり一瞬緊張が走りました。早速ヒグマに会えた!と喜びながら次は鮭の研究所の観光です。クリル湖とイリインスキー火山を眺めながら研究員の話を聞いていると、今度は泳ぐヒグマを発見!!イリインスキー火山とクリル湖の景色は最高!それに泳ぐヒグマがプラスされるなんて!私たちは大興奮でした。
Higuma このように、ヒグマとの出会いから、カムチャツカでの感動の毎日はスタートしました。ホドトカではエメラルドグリーンの美しい川の温泉に感動!ゲーゼル渓谷へのヘリツアーでは大迫力のカルデラ湖や白煙を吐く火山の姿に感動!アバチャ湾クルーズではかわいい鳥・エトピリカの飛ぶ姿に感動!ビストラヤ川ではゆったりとした川と時間の流れにしみじみと感動!バチカゼッツ山麓の花ウォッチングでは、けなげに咲く小さな花々に感動!
語りつくせない感動がカムチャツカにはあります。
カムチャツカのベストシーズンは7~8月の夏の間です。皆様、来年の夏は是非カムチャツカへおこし下さい!!
(関根 三恵子)
カムチャツカへ特集はこちら(ツアーの募集は3~8月となります。)

|

ユーラシア旅行社のハイキング情報」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社の中欧・東欧情報」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社の自然情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。