2008年9月18日 (木)

ヨルダンリゾート、アカバから

A 「シリア・ヨルダン隊商の道13日間」より帰国しました。
今回はイスラム教の大イベント、ラマダンの期間中の旅行となりましたが、特に大きな影響はなく、無事に観光が終わりました。もちろんレストランでのお食事も問題ありませんが、ラマダン中はビールを提供しないというお店も中にはあり、お酒が好きな方には少々辛かったかもしれません。もちろん現地の人々は日中一切の水、食べ物を口にせず断食をしています。この断食は五行と呼ばれるイスラム教信者の義務の一つで、イスラム暦9月の一ヶ月間と決められていま

さて、このツアーはシリアとヨルダンの数々の遺跡を巡り、はるか古代に栄えた王国からローマ帝国、オスマントルコ帝国まで歴史の旅を楽しむことが出来ます。その合間に、死海での浮遊体験やリゾート地のアカバに立ち寄ったりもしますが、今回はそのアカバをご紹介させて頂きます。

アカバはヨルダンの南端にあり、アカバ湾に接する国内唯一の貿易都市です。一年360日は晴れと言われ、温暖な気候のため国内外から多くの人が休息を求めにやってくるリゾートでもあります。透明度の高い紅海はダイビングなどマリンスポーツが盛んに行われていて、そこまでの時間はなくとも、海を眺めているだけで気分が爽やかになります。

午前中はお客様と一緒に、グラスボートにのって海の上からアカバ湾をゆったりと眺めました。海からはアカバだけでなく、イスラエルのエイラット、エジプトのタバと3国を同時に見渡すことが出来ます。海上交易においても、また戦略上でも要所であり、映画「アラビアのロレンス」でもロレンスによるアカバ陥落は重要なシーンの一つです。船底から海の中が覗けるグラスボートからは、いろいろな色の珊瑚や魚を見ることができます。中には中東戦争で使用された戦車まで沈んでいます!
砂と土ばかりの国ではなくこんな素敵な景色も楽しめるヨルダンへ是非お越し下さい。
(吉筋)

シリア・ヨルダンへのツアーはこちら

|

中近東・北アフリカ情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。