2008年12月15日 (月)

人類の源、南エチオピア

Hamaru  先日、「南エチオピア秘境縦断の旅 13日間」のツアーより帰国いたしました。エチオピアと言えば、人類が始めて生まれた地。80以上の民族が生活する国です。特にエチオピア南部には、未だに文明の波に染まらず、自分達の伝統を守りながら生きる人々がいます。今回の旅では秘境と言われる南エチオピアを4WDで走る13日間。いろいろな民族と出会い、満点の星の下、テントで動物の声しか聞こえない夜を過ごし、私達普段慣れている都会の生活とは異なる世界、人々、文化をお楽しみいただけます。

Karo_3 今回の南エチオピア縦断の旅ではたくさんの部族の村を訪問します。ハマル族、ムルシ族、エルボレ族、カロ族などなど・・・。それぞれの民族は、それぞれの文化・言語・伝統を持ち、それぞれの衣装を身に纏い、昔ながらの家で生活をしてます。他の部族の男に襲われないように下唇にお皿をはめ込むムルシ族の女性、首が見えなくなる程ネックレスを重ねるニャンガトム族の女性、動物の皮のスカートを纏い体にナイフで傷をつけて模様をつけるハマル族やカロ族の人々。どの村もとても簡素な作りでワラや竹や木を重ねているだけ。テレビもインターネットも時には電気さえも無い生活を続けています。4泊あるテントでは、毎晩満点の星にうっとりしながら、静寂の夜を迎えます。もちろん朝の目覚めは動物や鳥の声。ここに来ると、暗くなると就寝するという人間本来の生活のリズムが改めてよくわかります。

今回の旅で印象深いのは、どこでもすぐ寄って来て手を握ったりしてついてくる子供達。皆目をキラキラさせて、時には少し恥かしがりながら、時にはキャーキャー言いながら本来の子供らしい笑顔を見せてくれ、とてもあいらしい。

少しづつ、確実に生活が変わりつつある彼らの環境。まだ秘境と呼ばれる彼らの生活、文化に是非触れてみてください。(前田 潤子)

エチオピアのツアーはこちら

|

中近東・北アフリカ情報」カテゴリの記事

世界の文化情報」カテゴリの記事

世界の民族情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。