2008年12月 4日 (木)

春~エニシダ満開のニュージーランドへ~

Lupinas 先日、「ニュージーランド周遊とパノラマ鉄道の旅 13日間」のツアーより帰国致しました。
春真っ盛りのニュージーランドは、様々な花が私達の目を楽しませてくれました。

まず、ガーデンシティ・クライストチャーチでは、ガーデンコンテストで入賞された方のお宅でお庭を見学。クライストチャーチでは、「赤ちゃんはガーデニングの道具を持って生まれてくる」と言われる程、ガーデニングが盛んなところです。そのお宅では、鮮やかな紫色のルピナスが咲いていました。お庭の見学後、そのお宅で家庭料理をご馳走になりました。お庭だけでなく、お宅も、そこに住む夫妻もとても素敵でした。

Taieri_gorge 次に、タイエリ渓谷鉄道に乗ると、エニシダで黄色く染まった谷が現れました。エニシダはスコットランドからの入植者たちが、故郷の景色を懐かしんで持ち込んだ花と言われています。そんな理由からか、現地では実は雑草扱いなのですが、この時期に渓谷を黄色に染める花を眺めていると、スコットランド人達の功績?に感謝しなければと思います。渓谷を進めど進めど、エニシダが絶えることはなく、夢中でシャッターをきるお客様たちの姿が印象的でした。

Mt_cook_lilly そして、ランチの為に訪問した牧場。我々日本人が想像する牧場とはひと味もふた味も違っていました。敷地に入り、まず目に入ってきたのが、奥さんが30年かけてゼロから作り上げた素敵なお庭でした。バラ園、ルピナスの花壇、池等があるだけでなく、今でも拡大中の庭には、最近植えたばかりの苗もありました。奥さんは、「ガーデニングは私のライフワークというより、むしろ”恋人”です。」と言っていました。心からガーデニングを、そして植物を愛するニュージーランド人の代表の様な方でした。また、ミルフォードサウンドに向かう途中にはマウント・クック・リリーも目の前で見ることもでき、「マヌカハニー」で有名なマヌカの花も見ることができました。

ニュージーランドは日本の北海道をとったくらいの面積の島国で、緑が豊かな上、海の幸も豊富と、日本人にとってとても居心地の良い国です。皆様も、これから夏を迎えるニュージーランドへ是非お出かけ下さい。(古橋奈緒美)

ニュージーランドのツアーはこちらから

|

世界のお花・紅葉情報」カテゴリの記事

オセアニア情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。