2009年1月 7日 (水)

シチリア島で年越し

Cefalu_3先日、「シチリア島の休日 8日間」より帰国いたしました。12月27日の出発で、年越しのツアーとなりました。

地中海で最大の島、シチリア島。地中海の真ん中に位置しており、古代よりたくさんの民 族が行き交い、様々な文化が交錯しています。まさに文明の十字路と言われているように、ギリシアやノルマン、アラブなど様々な遺産を見ることができます。パレルモのパラティーナ礼拝堂やモンレアーレ大聖堂などのノルマン時代の荘厳な建築物、アグリジェントのギリシア神殿群、カルタジローネやラグーサなどのバロック様式の街々、島の中に見所が満載です。また、このツアーでは映画「ニューシネマ・パラダイス」のロケ地になったパラッツォ・アドリアーノやチェファルー、「ゴット・ファーザー」で縁の深いコルレオーネ村やロケ地のマッシモ劇場なども訪れました。

そんな沢山の見所のひとつ、シチリア島で一番高いエトナ山があります。高さ約3,440mの活火山です。今年は例年よりやや寒く、エトナ山も早めの雪化粧だったようです。当日は一面の霧で、残念ながらエトナ山の麓までも行く事は叶いませんでした・・・。かつての噴火で、エトナ山の溶岩がここまで来たという町、カターニアを散策しホテルへ。
この日はいわゆる大晦日で、ホテルでも年越しパーティが開催されました。宿泊客は皆少し遅めの夕食から始まり、沢山の料理が運ばれてきます。新年まで1時間を切った頃、ようやく料理も終わり、各テーブルに置かれた帽子やテープで年越しの準備です。その瞬間にはシャンパンが振舞われ、お祝いです。日本とは一味違った年越しを体験する事が出来ました。

Etna_2翌日のタオルミナの観光では、朝から雲ひとつない快晴!昨日は姿を見せなかったエトナ山も雪をかぶって登場です。朝は少なかったメインストリートのコルソ・ウンベルト通りも昼には大賑わいです。また、ギリシア劇場からはエトナ山、イオニア海、劇場の絶景がありました。雪が積もっていない中腹部分は、火山活動の為に雪が溶けている場所なのです。
そして翌日は早朝にホテルを出発しましたが、まだ薄暗かったおかげで流れている溶岩を見ることもできました。
ここでは行く先々でいろんなシチリアを見ることが出来ます。季節や時間によってもたくさんの表情があるのです。一度行った事のある方でもまた違うシチリアをご覧いただけます。イタリアの一部ではありますが、豊かな自然や折り重なる歴史、今に残っている建造物、是非ともここシチリアでの休日をお楽しみいただきたいと思います。(佐々木恵子)

シチリア島へのツアーはこちらから

|

ユーラシア旅行社のお祭情報」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社の西欧・南欧情報」カテゴリの記事

コメント

旅行に参加した、Hirosanです。今回は、前回のマルタ島のツアーより歩くのが多かったですが、不自由な足でカルタジローネの大階段を登り、アグリジェントの神殿を歩けたのがとても良かったです。佐々木さんのガイドもとても良かったとともに、私は現地のガイドの英語が理解できて有意義でした。また、人生で初めての年越しを海外で過ごすことが出来て、日本と違う年越しを皆様と過ごすことが出来て大変良かったです。本当に良い旅行が出来て大変嬉しく思います。どうもありがとうございました。

投稿: Hirosan | 2009年1月 8日 (木) 22時13分

Hirosan
早速のコメントありがとうございます。旅行の疲れは癒えてきましたでしょうか?
いつもとは一味違う年越しで印象も強かったかと思います。雪化粧のエトナ山もご覧いただけてよかったです。今は日常生活に戻られているかと思いますが、またどこかでご一緒できるのを楽しみにしております!

投稿: 佐々木恵子 | 2009年1月 9日 (金) 13時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。