2009年2月 5日 (木)

冬景色ならではの、宇宙の神秘オーロラと地球の神秘グリーンランドとアイスランド

Landscape_of_iceland 先日「グリーンランドのオーロラとアイスランドの大自然を愉しむ」のツアーより帰国しました。
今回は、晴天率の高さを誇る世界最大の島グリーンランドにて宇宙からの素敵な贈り物のオーロラの舞を堪能しました。グリーンランドの冬は日照時間が短く、夕方の時刻には暗くなり始めます。薄明かりの中、一番最初に光輝くのが、月と金星です。真っ暗になる夜には空一面の星空に!!
オーロラが登場しなくても、とっても素敵な天空の輝きですが、そこにオーロラが現れると・・・・・もうただただ釘付けです!!
カーテンの様にたなびくオーロラ。煙のように彷徨うオーロラ。見る角度によってその姿を変わるオーロラ
ですが、やっぱりカーテンの様に揺れるオーロラが一番素敵でした。

またグリーンランドでは、オーロラ以外には島に住む動物、トナカイやジャコウ牛もあっちこっちへとサファリを続け、見ることが出来ました。野生の為、危ないので接近しては見ることが叶わないジャコウ牛ですが、ヤギ科の動物なのに牛のような顔をもち、毛むくじゃらなその姿はユニークでありました。Muskox
また、内陸に位置するアイスキャップ。約50万年以上ものまえの雪が凍り、青く輝くその氷床の美しさに一時、極寒の寒さも吹き飛びました。
アイスランドでは、地球の割れ目ギャオ、そして地熱が豊富な国だからこそ存在する間欠泉、大露天風呂ブルー・ラグーンなどを訪れました。
冬のこの時季だからこそ、至る所雪景色のアイスランドは、まさに氷の国という国名に相応しい景観をしていました。
プレートの生まれる所ギャオにて、プレートが沈むところが日本という関連性を考えながらギャオに立つと、とても感慨深く、地球の不思議、偉大さを体感。
また地熱と水が豊富な国アイスランドならではの、世界で一番大きな露天風呂と評されるブルー・ラグーンにも入浴し、温泉気分も味わいました。
今回アイスランドでは、小さなオーロラを臨むことが出来たので、グリーンランドでもアイスランドでもオーロラを楽しむことが出来ました。
アイスランドでは、アイスランド大学と日本の南極昭和基地のオーロラ研究者が農家の一角を間借りして研究をしています。今回、その農家を訪れ、研究設備を見学し、まだ謎だらけのオーロラの研究の様子を垣間見、どのような研究がされているかを教えて頂きました(ここでは内緒です)
宇宙からの贈り物・オーロラ。そして、地球からの贈り物の大地を体感できるグリーンランドとアイスランドというこの二つの国。日本とは異なる大自然をもつ北の果ての二カ国に是非足を運んで頂きたいです。またオーロラは何度見ても見飽きることがない!!とっても素敵な宇宙からの贈り物です。まだ見たことがない方、既に見たことがある方も、何回見ても感動するオーロラに、是非!!時季を変え、旅先を変えて、会いにいっていただけたらと思います。
(深澤)

オーロラ鑑賞のツアーはこちらから

|

世界の自然情報」カテゴリの記事

西欧・南欧情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。