2009年4月27日 (月)

リンゴの花咲く美しいフランスの田舎町ブルターニュへ

Blogtemplate_4 この度、「ブルターニュとノルマンディの小さな町や村を訪ねて12日間」の添乗より戻りました。まだほんのり冷たい空気が感じられるも寒すぎない気温で、歩いての観光には丁度よいくらいでした。道中では、黄色の絨毯・菜の花畑、淡い白とピンクの花が咲くリンゴの木、目を引く黄色のハリエニシダなど、春の訪れを感じさせられました。Blogtemplate 
ブルターニュは、夏の別荘が多い地域で、冬の時期と夏の時期では人口が3~5倍にも変る町や村が多く、今の時期はのどかな雰囲気が漂っていました。近代化されてない自然と調和した町や村、美しい海岸、ケルトの歴史・風習・遺跡など、ブルターニュ地方はフランスの中でも独特な色彩や空気を持っている地域だと感じました。Blogtemplate_2 それゆえゴーギャン、モネなど巨匠から多くの画家も魅了され訪れたのでしょう。海辺で曇りがちなブルターニュ・ノルマンディーの空を見れば、モネが描いた荒々しい波しぶきがたつ海と灰色の空の色に納得し、晴れ渡る日に見上げればブーダンの絵の3分の2が空で構成されているのを実感できる空の高さと広さが目に映る。パリの美術館で見る名画の舞台を訪れた後での鑑賞は、感慨深く、共感でき、更なる感動がありました。

Blogtemp_2 ブルターニュ公国とノルマンディー公国、ケルトの影響の言語・風習・教会・巨石、海に面し農業が盛んな地域ならではの美味しい食事、おなじくこの地域の名産リンゴから作られるカルバドスやシードル・・・。フランスに旅行に行くではなくブルターニュ・ノルマンディーに行く。それくらいこの地域だからこそのものがあります。2つの公国独特の雰囲気と歴史・文化と美しい自然に触れ、そして美味しい海の幸をはじめとする食を堪能・・・是非ご検討下さい。(高橋)

<フランスへのツアーはこちら>

|

世界のお花・紅葉情報」カテゴリの記事

ハイキング情報」カテゴリの記事

世界のホテル情報」カテゴリの記事

世界の宗教情報」カテゴリの記事

世界の文化情報」カテゴリの記事

世界の歴史情報」カテゴリの記事

世界の民族情報」カテゴリの記事

世界の自然情報」カテゴリの記事

世界の芸術情報」カテゴリの記事

西欧・南欧情報」カテゴリの記事

世界の料理情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。