2009年5月28日 (木)

雨がよく似合うケルトの村―セブレイロ峠にて

Castro_jelis 先日、緑がとても美しい『北スペイン、巡礼の道を歩く 10日間』のツアーから帰国致しました。

赤茶けた大地をイメージしがちなスペインですが、ここ北スペインは違います。緑豊かな山、青々とした牧草地帯が広がっており、乳牛が草を食み、その横でタバコを燻らせながら耕運機を動かすおじちゃんがいたりして、どこまでものどか。特に今の時期は新緑が眩しいほどに輝いています。『グリーンスペイン』と呼ばれる所以は一目瞭然。車中、この新緑に癒されながら、そういえば昨年のこの時期もこの辺りに来ていたな。やっぱり美しいなぁ、とまたしても田舎に癒される自分を再認識。
 

さて、今回はある村のご紹介を。雨の日に訪れた小さな小さな村、セブレイロ村は、聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラを目指す巡礼者にとっての最後の難所と呼ばれたセブレイロ峠にあります。雨の日の観光は憂鬱、と多くのお客様がおっしゃいますが、雨で濡れ、しっとりした街の雰囲気も素敵だと思いませんか?セブレイロ村もまさにそう感じた場所でした。

Cebreiro 標高1,300メートルに位置するセブレイロ村にはとてもユニークな民家があります。そもそもここは、紀元前3世紀にローマ帝国がイベリア半島に侵入する以前に、ケルトの人たちが暮らしていた場所。なので、今、目にすることができる円形の低い石造りの石壁に茅葺の屋根を乗せたかわいらしい民家も、ケルト独特のものなのです。私たちが訪れた日は、雨でどんよりとしたお天気で、少し肌寒い日でした。それでも、セブレイロ村に足を踏み入れたとき、どこかふんわりとした雰囲気を感じたのは、恐らく、この民家のせいなのでしょう。このお天気で、煙突から煙を出している家もあり、小さな村に住む小人たちが身を寄せ合って火をおこしているイメージを勝手に抱き、心が躍ってしまいました。家を作っている石も雨で濡れ、石そのものの色を放ち、私の抱く、“夜の艶っぽい”もしくは“朝靄が晴れていくような”ケルトのイメージとしっくり合い、更に微笑みが増していったのを覚えいます。

St_maria また、この村にあるサンタ・マリア・ラ・レアル教会にあるマリア様も必見です。巡礼の最後の難所らしく、この教会では、ようやく辿り着いた巡礼者を前に奇跡が起こったとされています。その奇跡を目の当たりにして、目をまんまるにして驚いたのでしょうか。(とは言っても、ロマネスク時代の聖母子像は目が大きく表現されることが多いのですが…)色鮮やかで、艶やかで、この村の雰囲気にもぴったりのマリア様は私のお気に入り。どうぞ皆さまもマリア様に会いに、ケルトの村を見に、セブレイロ村を訪れてみてください。
(尾形)

北スペインを訪れるツアーはこちらから
 

|

世界の文化情報」カテゴリの記事

西欧・南欧情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。