2009年8月18日 (火)

野生の宝庫~カムチャツカ~(ロシア)

 先日、極東の地カムチャツカより帰国いたしました。カムチャツカは「野生の宝庫」と呼ばれているように、日本では見られなくなってしまった動植物植が残る場所です。今回のツアーのポイントは何と言っても2回の「ヘリツアー」です。Photo
 カムチャツカの主要都市、ペテロパブロフスク・カムチャツキーを拠点にして、南方に位置する「南カムチャツカ禁猟区」「クリル湖」や北方にある「クロノツキー自然保護区」「ゲーゼル渓谷」へと100数キロをヘリコプターで移動します。移動中は、カムチャツカに無数にある火山群を眺めることができます。ツアーでは2日目・3日目にヘリツアーを計画していました。
 …ですが、ヘリコプターが飛ぶには天候が一番の重要ポイント!内心ハラハラしていたのですが、予想通りの霧と雨。ヘリポートからの連絡を待ちながら、飛べることを願っていたのですが、この日は無理との連絡が入り、急遽市内観光へ変更しました。
 そしてドキドキの3日目。起床し、部屋のカーテンを開けると…真っ青に晴れた空が!ヘリポートからの連絡もあり、OKとの事。お客様も喜んでいらっしゃいました。ヘリコプターは20人乗り。窓側・通路側となっていますので、不公平のないように行きと帰りで場所はスイッチします。ですから、皆様には十分に空からのカムチャツカを楽しんで頂けます。この日は北の「クロノツキー自然保護区」「ゲーゼル渓谷」を目指しました。ゲーゼル渓谷の見所は吹き上がる間欠泉の数々。木道を歩きながら、いくつもの間欠泉へとご案内します。青空の下には緑に輝く山々、そして谷間から温泉が吹き上げている景色は感動!の一言です。
Photo_2 この他にもウゾンカルデラへとご案内。ここは8000年前につくられたカルデラ。至る所でボコボコとマグマだまりが活動中。そんな時、ふと遠くを見ると…ヒグマを発見しました!しかも合計2頭も。ヘリコプターも飛び、ヒグマも見れてほっとしました。

 問題はもう1つのヘリツアー。翌日も翌々日もチャレンジしましたが、霧や雨の為、先延ばし。ですが!ついに、飛べるとの連絡がヘリポートからきました!快晴とまではいきませんが、雲の上にいくと、火山群のあたまが顔を出しています。雲がまるで海のように広がり、その中に見える山はまた一味Photo_3違った魅力をかもし出しています。この日は南方「クリル湖」を目指しました。クリル湖周辺はヒグマやシャケの遡上が見れることで有名です。湖の近くに聳えるイリインスキー火山。湖に移る姿は、まさに逆さ富士。とても美しい景色です。1回目のヘリツアーは快晴時、2回目は少し曇りの中での催行になりましたが、カムチャツカの違った顔を見ることができ、良かったのではないかと思います。
 ヘリツアーは1番のポイントですが、他にも天然温泉や、湾のクルーズ、船の上では新鮮な刺身をご堪能頂きました。川下りでは、魚釣りにも挑戦。そして花のハイキングも含まれており、数十種類のお花を観賞できます。もちろん、ペテロパブロフスク・カムチャツキーの市内観光も見所満載です。
 海・川・山・動植物、そして美味しい食事!みなさま、ぜひ極東の地カムチャツカへ足を運び、古来より残る大自然を満喫してみてはいかがでしょうか。運が良ければ、ヒグマにも会えますよ。

(内野 江奈)

カムチャツカ・シベリア・サハリンへのご旅行はこちら

|

ユーラシア旅行社のお花・紅葉情報」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社の中欧・東欧情報」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社の自然情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。