2009年10月 7日 (水)

ウズベキスタンの秋

Photo_39月の連休に「サマルカンド・ヒワ・ブハラ世界遺産周遊の旅8日間」の添乗に行って参りました。
このツアーは8日間でユーラシア大陸のど真ん中、中央アジアにあるウズベキスタンとタジキスタンの2カ国を巡る旅です。
9月に入りウズベキスタンも大分涼しくなっていました。ツアー中の平均最高気温は30度前後ですが、湿度が高くありませんので日陰に入れば風も心地よく、日本の夏のじめじめとした30度とは全く違い、むしろ観光には最適な季節と言えます。また、秋は主要産業の一つでもある綿花の収穫時期でもあり、道の両側に広がる真っ白な綿花畑には、1つの畑につき40人~50人ほどが収穫に励んでいました。

タジキスタンのペンジケント遺跡へは、サマルカンドから国境を越えて日帰り観光をします。出国審査場で私たちの前に並んでいた地元の方々は、バザールで食料の買出しをしたのか、大量のナンなどの荷物を職員の前で開けさせられ、中身をチェックされていました。私たちも厳しいチェックがあるのだろうかと、内心ドキドキしながら列に並びましたが、手荷物をX線に通すだけで無事に全員通過できました。ウズベキスタンの職員は、一見無愛想で恐そうな雰囲気でしたが、「ボールペンを貸して!」などと私たちに気さくに話しかけながら一人ひとりのパスポート番号や所持金をノートに書き留めるなど、思わぬ触れ合いのひとときとなりました。
ペンジケントの街は国境から約30分のところにあり、途中には向日葵や煙草の畑が広がっています。ペンジケント遺跡は、5世紀~8世紀の間シルクロードの交易商人として活躍したソグド人が住んでいた古代都市の遺跡です。今は日干し煉瓦で建てられたゾロアスター教の寺院や住居の跡がかろうじて残るだけですが、当時はここで賑やかな暮らしが営まれていたことを思うと、ひょっとしたら当時の壁画片や古銭が見つかるのでは?と思わせる場所です。

1007s そして、“青の都”と称されるサマルカンド。レギスタン広場を始めとして、青のタイルが美しいメドレセや廟を見学します。私が一番おすすめの場所は、シャーヒ・ジンダ廟群です。入口の門をくぐり階段をのぼると、ティムールゆかりの人々の霊廟が並んでいます。視界に入る青色が多く、「サマルカンドに来た!」ということを実感できました。
今回、シャーヒ・ジンダ廟群を訪れたのはちょうど夕刻でした。夏のギラギラとした太陽に青く輝くタイルも素敵ですが、秋空のオレンジ色の夕日を背に立ち並ぶ廟群も、映画のワンシーンの中に自分がいるようで、幻想的なものでした。

秋はブドウやナシなどの果実も実りの季節を迎え食卓を飾り、一面に広がる綿花畑の収穫の風景も見ることができ、ウズベキスタンの秋を満喫できた旅になりました。(鈴木寛子)

ウズベキスタンのツアーはこちら

|

ユーラシア旅行社のアジア情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。