2010年1月20日 (水)

アフリカ大陸最南端アグラス岬での初日の出(南アフリカ)

001 先日、『喜望峰とアグラス岬、南部アフリカ4ヶ国周遊9日間』の旅より帰国しました。
夏真っ盛りの暑い南アフリカ。もちろん暑いのは気温だけではない。サッカーW杯を半年後に控え、熱気ムンムン、国全体が熱いのだ!!だからと言ってW杯の準備万端、いつでもOK、と言うとそうでもないらしく、至る所で、まだ現在進行中の工事現場を見かけた。それでも3ヶ月前に訪れた時より空港もばっちり綺麗に、且つ大きくなった。完成間近のスタジアムは夜にはライトアップされ、今にも大歓声が聞こえてくる気がした。

002 今がまさに旬の南アフリカ。今回のツアーはそんな南アフリカで年末年始を迎える特別企画。世界三大瀑布のビクトリアの滝や象で有名なチョベ国立公園など見所多い中で、最大のポイントはアフリカ最南端のアグラス岬で初日の出を迎えるということでしょうか。最南端というと、喜望峰を思い浮かべる方も多いと思います。が、この喜望峰、最南端ではなくアフリカ大陸の最西南端なんです。本物の最南端というのが、喜望峰の南東に位置したアグラス岬。2010年、初日の出は見られるのだろうか・・・。
 1月1日、元旦。あけましておめでとうございます。この日の朝は早かった。早いというよ003 りまだ夜中?!ロビーに集合すると、まだバーで飲んでるお客さんや、酔っ払ってホテルへと戻ってくるお客さん。初日の出を見に行くからと、日の出前に出発する私達にホテルスタッフはお口あんぐり。南アフリカに初日の出を見る習慣などないらしい。外はまだ暗く、まんまる満月のお月様がやけに明るく私達の行く手を照らしてくれました。
到着したアグラス岬は、びっくりする程何もない。そして案の定、日の出を待つのは私達意外に誰もいなく、この岬を独り占め。目の前は2つの大洋、大西洋とインド洋が出会う004 ところ。波の音、海の風が少し肌寒い岬はまさに最南端という言葉がぴったりあてはまる場所な気がした。午前5時34分。雲があったのですっかり雲の上から出てくるかと思ってた太陽が遠くの水面上から顔を出した!!海からのんびり、のんびり昇る太陽。皆でお屠蘇を飲みながら今年も一年、健康に暮らせるよう祈りました。
2010年もどうぞ宜しくお願い致します!! (岩間)

アフリカのご旅行はこちらから

|

アフリカ情報」カテゴリの記事

世界の自然情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。