2010年3月10日 (水)

氷河の崩落とイグアスの滝に打たれて・・・(ブラジル・アルゼンチン)

001  先日『イグアスの滝とパタゴニア氷河への旅』より帰国しました。南米大陸には世界の大自然の中でもトップクラス級?桁外れのスケールで美しい大自然がごまんとあります。地球の原始の姿を残すギアナ高地や大河アマゾン、世界最大の塩の湖ウユニ塩湖、真っ白い砂漠が広がるレンソイス。と、ちょっと挙げただけでも自然界のドリームチームが出来てしまいます。今回のツアーはその中のパタゴニアのモレノ氷河、世界三大瀑布イグアスの滝の2大大自然を訪れる旅。興奮しないわけがないっ。
 
 アルゼンチン・チリの南部、パタゴニアには世界一美しいと言われる氷河があります。百002 数十にもわたる氷河がある中で人気を独占しているのが、生きた氷河とも言われるモレノ氷河。夏のこの時期、間近で崩落が見られるかもと沢山の観光客がやってきます。『大きい・・・』氷河を目の前に、誰もが感じるだろう氷の迫力。それもそのはず、水面上の氷河の高さは約60~70メートル!!オベリスクのような氷の柱は倒れそうでなかなか倒れません。モレノ氷河観光のこの日はまずお客様の少ない朝一に展望台を独り占めし、次にクルーズ船でより氷河に近づき、気温も上がりより崩落の多くなる午後に再び展望台へと終日モレノずくしな一日。展望台には新しい遊歩道が以前より延び、歩ける道も増えましたが、万が一歩目をそらせた隙に大崩落があったら・・・。そう考えると瞬きも忘れジーーーーっとにらめっこ。

 そんな時、視界に入らない所でポロポロッと小さい氷河の欠片が落ちていくのを感じました。瞬間、振り返るとスローモーションのように氷壁からメリメリっとばかり剥がれるように崩れ落ちる氷の塊!!ドドーーンという雷にも近い音が響き渡り、その後いっせいにこの一瞬を共にした展望台のみんなの歓声へと変わりました。そんな興奮冷めやらぬうちに私達はイグアスの滝へと向かったのでした。

004  アルゼンチン・ブラジルにまたがる滝、イグアスの滝は世界三大瀑布の一つでもあり、水量の多い今の時期は245本もの滝が流れ落ち、世界一の水量、美しさを誇ります。私達はアルゼンチン側からブラジル側と場所を変え、いろんな角度から見たイグアスの滝は、全てを呑み込んでしまいそうな迫力を見せたかと思うと、2重の虹をかけ段々に流れ落ちたりと、どの姿もとても美しく、私達を魅了してくれました。そんな色々なイグアスの顔を楽しみ、最後はアドベンチャーボードで滝を実際体感してみました!ゴムボートは水しぶきをあげイグアスの滝に向かっていきます。ボート上のお客様のノリによって運転は激しく、普003 通、優しく、に変えてくれますが、分けられるがこの日のボルテージは最高潮に達しドライバーさんも大ハッスル。滝に打たれて全身びっしょりずぶ濡れ。着ていたカッパはもはや意味がなかったような・・・。イグアスの水を全身に浴び色々なものが流された気がしてお肌もつやつや、気分もさっぱり爽快でした。

 ちょっと遠いけど南米大陸は大自然の宝庫。一度ではおさまりきれません。一回足を踏み入れたらきっとやみつきになる事間違いなしです!!(岩間)

中南米のご旅行はこちら

|

ユーラシア旅行社の中南米情報」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社の自然情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。