2010年7月20日 (火)

中国が世界に誇る大自然~九寨溝・黄龍(四川省)~

Kyusaikou

先日、「まだ見ぬ別天地、九寨溝・黄龍とパンダ 8日間」の旅より帰国致しました。広大な国土に見所の多い中国ですが、四川省北部に位置する九寨溝と黄龍の両風景区は日本ではもちろんのこと、中国国内でも人気急上昇の観光スポット!今回の旅は、中国の人々も太鼓判を押す素晴らしい自然を心ゆくまで堪能する贅沢な旅となりました。 その様子を一部ご紹介します。

まず訪れたのは九寨溝。100を越えるとされる湖群のそれぞれが、えもいわれぬ神秘的な風景を生み出しています。この風景を作り出している最たる要因は、エメラルドグリーン色をした透明度の高い水と、豊かな緑のグラデーション。同じ湖でも、立ち位置や目線を変えるごとに光の差込み具合が変わり、同じ景色がひとつとしてありません。天候が良い日はもちろんのこと、たとえ曇り空の日であってもエメラルドグリーンがより一層深い色となり、これはこれで印象的。「天気が悪くて残念・・・」とがっかりする暇なんてありません!自分だけのお気に入りの景色を求めて写真を撮り、その後は自分自身の目に景色を焼きつけ、また写真を撮る・・・そんなことを繰り返しながら、興奮冷めやらぬ時間が続きました。

Kouryu

続いて訪れたのは黄龍。標高3000mを越える高所に忽然と現れる、乳白色をした棚田のような光景は、まさしく「別天地」と呼ぶに相応しい場所。現在はロープウェーが敷設されており、黄龍の観光も随分楽になりました。一番の見所は最奥に位置する五彩池。約1時間半のハイキングとなりますが、きれいな木道が敷設されているので歩きやすく、さらにご自身のペースで歩いて頂くことが出来ますので安心です。前半は森林の中のハイキング。時折、木々の間から覗く棚田とそこに流れるスカイブルー色の水の美しいこと!僅かな光景だけでも、五彩池への期待は自然と高まります。まだかまだか・・・と歩き続けて、ようやく五彩池に到着!薄曇りだった空にも晴れ間が見え、棚田の乳白色はより白く、流れる水の色はより鮮やかになっていく光景を、時間の経つのも忘れて見入ってしまいました。水の色は自然のものとは思えないほどの鮮やかさで、まるで絵の具をいれてしまったのかしら?!とさえ思うほど。初めて目にする光景に、ただただ言葉を失うばかりとなりました。

世界中で他に類を見ない九寨溝・黄龍の大自然は、中国の誇り。春は深緑の薫りに満ち、初夏には色とりどりの高山植物が可憐に咲き、秋には日本にも負けない美しい紅葉が広がり、静かな冬の雪景色もおつなものです。「また違う季節に訪れてみたいですね!」そのような会話を交わしながら、旅を終えたのでした。 (江間菜穂子)

九寨溝・黄龍へのツアーはこちら

|

世界のお花・紅葉情報」カテゴリの記事

ハイキング情報」カテゴリの記事

中国・モンゴル情報」カテゴリの記事

世界の自然情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。