2010年8月25日 (水)

隠れ文化遺産!?東トルコのヴァン猫

Van_cat

先日、東トルコより帰国しました。東トルコの魅力ハイライトについてはこちらをご参照頂くとして、今回は知る人ぞ知る幻の猫をご紹介しましょう。
 
幻の猫がいるのはトルコ東部の町ヴァン。イランとの国境近くの町で、トルコ最大の湖ヴァン湖を要する所です。このヴァンに、世界でも非常に珍しい品種の猫がいます。その名はずばり、ヴァン猫です。最大の特徴は、左右の目の色が異なる事。片方は美しく輝くブルーで、もう片方はグリーンもしくはゴールドの瞳、そして白く艶やかな毛並みもヴァン猫の特徴です。夏と冬の気温差が激しいトルコで育った為、毛はカシミヤのように滑らかな手触りになります。作家の村上春樹さんも、絨毯屋で客寄せに飼っているヴァン猫見たさに、わざわざこの遠いヴァンまで来て、絨毯を買ったとか(この事は紀行本「雨天炎天」に記載されています)。

Onedari_2

今回私達は、ヴァン100年大学構内にある「ヴァン猫研究所」へお邪魔しました。原種はすでに絶滅したと言われ、現在もその数は減少し続けているという貴重な品種の猫であるため、ここで保護され、生態の研究が行われています。施設内には小部屋がたくさんあり、それぞれに可愛らしい猫がいて我々をお出迎え。基本的に全身白い猫ですが、中には野良猫と交配し、三毛猫のような子もいます。性格は知的でエネルギッシュ。非常に人懐っこく、じゃれるのが大好き。いつも人と一緒にいたがる猫です。好奇心旺盛で、何にでも興味を示します。興味深い特徴は、猫のくせに水遊びが大好きな事。近くにあるヴァン湖に勝手に入って泳いでたりするんだそう(トルコの夏は非常に暑いのでその暑さを凌ぐ為に泳ぎを覚えたと言う説も!?)

Asobitsukare_3

世界中に様々な種類の猫がいる中で、この地方特有の種であり、トルコの生きた文化遺産とされるヴァン猫。この8月にトルコで行われた2010年のバスケットボール世界大会のイメージキャラクターにも選ばれ、地元ヴァンでは大いに盛り上がったそうです(ちなみにこのキャラクターはあまり可愛くありませんでした…)。
スラッとした体格で狐のような尾を持ち、美しく歩くその姿は知性に溢れ、清潔でしなやかな印象を与えます。我々も彼らに釘付けで、「一日見てても飽きないよねー」と、終始ホホが緩みっぱなし、目じり下がりっぱなしでした。本当に愛らしく美しいヴァン猫。ひとたび見たら、犬派の方も猫派に鞍替えしちゃうくらい、ヴァン猫の魅力にメロメロになるでしょう。(村上)

東トルコのツアーはこちら
 
可愛らしい子猫の動画もどうぞ♪

|

ユーラシア旅行社の中近東・北アフリカ情報」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社の動画情報」カテゴリの記事

コメント

ネコちゃん可愛すぎ!!cat
日本で見れないのかニャー

投稿: | 2010年8月26日 (木) 20時26分

コメントありがとうございます!
残念ながら日本では見られないようです。トルコまで行ってもイスタンブールやカッパドキアあたりでも見られず、東側のヴァン湖まで行かなければならないようです。先になっても是非いつか足を延ばしてみて下さい!

投稿: 村上 | 2010年8月27日 (金) 10時38分

旅行中、村上さまには大変お世話になりました。
私も、ヴァン猫の写真をブログに載せました。よろしかったらお立ち寄りください。
http://plaza.rakuten.co.jp/hasep2004/diary/20100818/
東トルコ全体の旅行記は↓にあります。9月中には完成できるかと思います。
http://diary.hasep.net/album/_a08Turkey/index.html

投稿: 長谷川芳典 | 2010年9月 3日 (金) 18時39分

長谷川様コメントありがとうございます!
お名前を見た瞬間、アイランが飲みたくなりました!
長谷川様が旅行中によく召し上がられてた姿が
頭に刷り込まれていたようです。

さっそくブログも拝見させて頂きました。
すごいアップで、より鮮明に目の色の違いがわかりますね!
旅行記の完成も楽しみにしております。

酷暑が続きますが、お体にはご留意下さいね。

投稿: 村上 | 2010年9月 6日 (月) 16時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。