2010年11月17日 (水)

黄葉のチェスキー・クルムロフ

Photo  先日「チェコ一周とプラハの休日 10日間より帰国しました。ツアーでは隣国のスロヴァキアやオーストリア等とあわせて訪れることも多いチェコですが、今回はチェコ一カ国をじっくりご覧頂くコース。ぐるりと一周して各地に点在する10の世界遺産を巡りました。日本より一足お先に秋も深まったチェコでは黄葉の中のドライブ。どこを走っても車窓の外には絵になる風景が広がります。のどかな農村地帯に建つ家々はどの家も可愛らしく、うすいピンクやブルー、黄色などカラフルな外壁によく手入れされた草花が彩りを添え、おとぎの国のよう。チェコ全体がディズニーランドみたいねとはお客様の感想でした。

Photo_6

 訪れた世界遺産の中の一つ、チェスキー・クルムロフは、チェスキー・クルムロフ城を中心に発展し、中世の美しい街並みがそのまま残されている町。丁度夕方に到着した私たちを、チェスキー・クルムロフ城のライトアップが出迎えてくれました。そして翌日はチェスキー・クルムロフ城の塔へ。高い塔や展望台があると、つい上ってみたくなる方がいらっしゃるかと思いますが、私自身も高いところから街並みを眺めるのが好きです。塔の上まで上りきり、眺めを見た瞬間、ワーッ、すばらしいと皆様の歓声が。びっしりと立ち並ぶ家々の一面レンガ色に統一されており、モルダウ川が曲がりくねって流れるよう様子もよくわかります。この季節はいつもの美しい眺めに黄葉が彩りを添えていました。塔の上は少し風も冷たかったのですが、ずっとこの景色を眺めていたい、降りるのがもったいないと、皆様しばし景色を堪能していらっしゃいました。
 また、チェスキー・クルムロフはぶらぶら散歩するだけでも楽しい町。細い通りには、古い建物が建ち並び、チェコらしいマリオネットや木のおもちゃなどの可愛らしいお店のショーウインドーの前では思わず足を止めてしまいます。
 しかし、やはり古い住宅での実際の暮らしは不便なことも多く、若い方は新興住宅街に引っ越す方も多いそうです。遠くに立ち並ぶ近代的なアパートを眺めながら、何とかこの美しい街並みをこのまま保存してほしいと思いました。(川井)

チェコのご旅行はこちら

|

ユーラシア旅行社の中欧・東欧情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。