2011年7月28日 (木)

「大自然だけじゃない。北欧の芸術と文化を訪ねる旅」

Tateblog

先日、「北欧の大自然と芸術の都サンクトペテルブルク15日間」より帰国致しました。フィヨルドなどを始めとする北欧の美しい景色や洗練された街々に加え、帝政ロシアの栄華を築いたサンクトペテルブルクを巡る計5カ国を巡る旅。

まずは、サンクトペテルブルクの古都巡りからスタートしました。街全体が世界遺産のサンクトペテルブルクでは世界三大美術館のひとつでもあるエルミタージュ美術館や「琥珀の間」で名高いエカテリーナ宮殿など、ため息が出るような豪華絢爛な建築物や美術品を見学しました。その後は、列車でフィンランドの首都ヘルシンキへ。ヘルシンキから北欧4カ国(フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク)の旅が始まりました。

北欧と言えば、フィヨルドの大自然や氷河などの壮大な大自然を思い浮かべられる方も多いかと思います。このツアーではフィヨルドをご堪能して頂くために、世界遺産で世界最深、最長のソグネフィヨルドと男性的で力強いゲイランゲルフィヨルドのノルウェーの2大フィヨルドをクルーズ船で満喫しました。前日から雨が降り、心配しましたが、朝方からなんとか霧が晴れてきました。霧の中からうっすら見えてくるフィヨルドもポストカードの写真とはまた違った幻想的な風景でした。ゆっくり進むフィヨルドのクルーズ船からは勢い良く流れ落ちる滝が見えました。前日の雨で水量が増し、普段よりも迫力のある滝を見ることができました。雨上がりで木々や葉もより一層輝いているように見えました。ゆっくり変わっていフィヨルドの絶景に30分ほどのクルーズはあっと言う間に終わってしまいました。

大自然のイメージが強い北欧ですが、芸術の面でも芸術の都と呼ばれるサンクトペテルブルクに負けていません。最近では北欧の家具やデザインが注目されていますが、北欧が誇るインテリアは実は北欧の気候が関係しているそうです。ちょうどツアー中に夏至を迎え、夏至祭が行われていました。短い時には日照時間は6時間弱という寒い冬の長い北欧では、家で過ごす時間がとても長いため、家の中にこだわるようになったそうです。北欧の近代芸術を特に感じたのはフィンランドで訪れたテンペリアウキオ教会です。2blogtemplate1969年に建てられたルーテル派の教会ですが当時の教会の概念を突き破った建造物としても有名です。当時は無名だったスオマライネン兄弟によって、岩盤をくり抜いて作られたため、別名「ロックチャーチ」とも呼ばれています。中に入ると銅線を使って造られた天井と180もあるガラス窓より差し込む光が印象的です。そしてなによりも、声が良く通ります。普段使っているイヤホンガイドがなくても響くほどの音響効果の良さから、コンサートホールとして使われることも多いそうです。フィンランドの現代建築の代表であるテンペリアウキオ教会を見学し、「さすが、フィンランド。世界のトップに立つだけのことはあるね。」という声がよく聞かれました。そうなのです。フィンランドは読解力と科学的リテラシーが世界1位という結果が出ています。フィンランドでは、ヨチヨチ歩きの子供が母親に連れられてまず向かうのは図書館だと言われています。子供専用の図書館があり、専門の司書の人が手伝ってくれるので、ひとりでも安心だそうです。そして小学生になるまでには一人で図書館に行き、一人で本を選び、読むようになるのだとガイドが自慢げに語っていました。日照時間の短い冬の北欧。そんな中で知恵を巡らせ、冬の大半を過ごすことになる家の中に目を向けた結果、素晴らしい建築や芸術が生まれたのだということを実感させられた旅となりました。フィヨルドだけではない北欧。壮大な自然が好き人にはもちろんのこと、建築や歴史好きの方、ただ北欧の街々を見たい方にも是非お勧めです。

≪北欧のツアーはこちら≫

|

西欧・南欧情報」カテゴリの記事

コメント

フィンランドでは、ヨチヨチしだすころに、図書館。
何だか納得できるような気がします。ヘルシンキとフィンランドの中央にあたる田舎に行ったことがありますが、何だかお洒落だし、人々が、思いこみの部分もあると思いますが、スマートでした。
ところで、こちらのツアー、15日間で15カ国、ですか?
そこにまずビックリしてしまいましたよ。

投稿: miyu | 2012年4月19日 (木) 18時35分

miyu様、
コメントありがとうございます。
このツアーは15日間で5カ国(ロシア、フィンランド、ノルウェー、スウェーデン、デンマーク)の見所を巡るコースでした。
北欧家具なども有名ですが、建築物や置物などちょっとしたインテリアなども趣きがあります。
今年から13日間で、手軽に効率よく周遊できるようになりました。これからが天気も安定し、北欧が一番美しく輝く季節です。
是非、ご検討ください。

投稿: 添乗員:丸谷 | 2012年4月23日 (月) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。