2011年7月 7日 (木)

スペイン・アンダルシア地方のひまわりを訪ねて

Sunflower_3先日、華麗なるスペイン紀行10日間から帰国しました。例年5月下旬よりスペイン南部のアンダルシア地方にはひまわりの花畑が広がります。
しかし、今年のアンダルシア地方の春は雨が多くなかなか気温が上がらなかったため、ひまわりの成長が遅く、出発前にはひまわりが咲きだしたとの情報がないまま出発となりました。
旅は首都マドリッドから始まり、古都トレドを見学しながらアンダルシア地方に向けて南下していきます。トレドから「犬ども逆落とし峠」という名の険しい峠道を越えるとアンダルシア地方。そして最初に見学する町が10世紀のイスラム時代に最も発展した町コルドバ。

ここへと通じる道は左右にいろいろな畑が広がる丘陵地帯。もちろん、その畑の中にはひまわり畑もあるはずなので車窓より探していると、ありました、黄色のパッチワークのようなひまわり畑。道路より近くのところ、遠くのところに黄色のじゅうたんのような部分が広がっています。
バスの中は一瞬で華やぎ、次の瞬間にはもっと近くで見たいという気持ちと見られたという安堵の雰囲気が車内を満たしました。
残念ながらこのときには高速道路を走行中であったためバスを停めることができなかったのですが、次のチャンスへと皆の期待が高まります。
Sunflower2
ちなみにひまわりですが、原産地は北アメリカで、紀元前からインディアンが食用や医薬用、儀式用などに幅広く使われていました。
大航海時代の後の16世紀、スペイン人によってヨーロッパへ持ち込まれました。最初は観賞用として東の方に広がっていきましたが、19世紀になってからにようやくロシアで食用的価値が認められ、大規模栽培が始まり、油を搾取するための改良が進んでいきました。そしてバラやチューリップのように早咲き・遅咲きのような色々な種類の花ができたのです。
今回見られたのは早咲きの種類。世界中に広がる過程で江戸時代に日本にも入ってきました。
Ronda
ツアーの行程はその後、まだひまわり畑にて写真を撮れずにいるまま、アンダルシア地方最終日を向かえてしまいました。
崖の上に広がる小さな町ロンダから進み、14世紀に立てられた現役の宮殿「アルカサル」のあるセビリアまでが最後のチャンスです。
期待に胸を膨らませながらロンダのパラドールを出発。
セビリアまでの半分の道のりを過ぎた辺りからひまわり畑が広がってきました。
そして、いよいよ畑に足を踏み入れる時、到来!バスから見ていたひまわりの丈は小さいものに見えていたのですが、実際に近づいてみると160cm以上あり、畑の中に入ると皆さんがどこにいるか分からなくなってしまうほどの高さでした。
それぞれにひまわり畑全体の写真を撮ったり、一緒に撮影をしたりと僅かな時間ではありましたが楽しいひと時を過ごしました。
開花状況はその年の気候によって左右されヒヤヒヤした分、皆様の笑顔を見て、咲いていて本当に良かったと心から思いました。
(大久保)

スペインへの旅はこちらから

|

ユーラシア旅行社のお花・紅葉情報」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社の西欧・南欧情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。