2011年10月19日 (水)

インレー湖・筏祭り(ミャンマー)

先日、「ミャンマー大周遊」のツアーから帰国いたしました。今回は12日間の特別日程、目玉は何と言ってもインレー湖筏祭り!普段はインレー湖上の水上パゴダにあってなかなかお参りに行けない霊験あらたかな5つの仏像、その内4つがカラウェイという名の黄金の鳥を模した船に乗せられ、片足こぎの筏にひっぱられて村々を巡ります。留守番をする仏像はいつも同じ1体。この祭が始まった当初は5体そろって運んできていたもの

Eventblogtemplate

の、その度に船が転覆、1体だけが勝手に水上パゴダの定位置に戻っているため、その1体は連れて行かないことにしたそうです。よほど筏が嫌いなのでしょうか?随分と出不精な仏像ですね。
 私たちはカラウェイの目的地にして筏レースの開催地、ニャンウーの町の岸辺で祭りを見物。何と当日は3年に一度という大水のため町は水浸し!急遽トラックバスを利用して川と化した道路を見物席まで進みました。外国人である私たちは「大災害だー!」と慌てましたが現地の方々は慣れたもので、大人は脛まで水に浸かりながらお茶を飲み、子供は早速水遊びを始めていました。皆さんたくましい・・・

Birdwoman_2

シャン族の踊りや雌鳥雄鳥の舞を見物しながら待つことしばし、思い思いの音楽をかけた片足こぎ筏に引かれたカラウェイが到着、4体の仏像が臨時パゴダに安置されるといよいよ筏レーススタート!!50人乗り、100人乗り、女性チームなどの種目があり、2艘の筏がスピードを競います。勝った方が優勝、それぞれ村の威信を賭けた負けられない戦いのため、村の応援団はかなり気合が入っていました。観光客にも自然とその熱が伝染したようで最後には皆総立ちで大声援、決着がつけば双方に惜しみない拍手、清々しいレースでした。

Race_2

レースが終わるとそのまま表彰式、筏の上で喜び踊る選手たちを横目に私たちはインレー湖を後にしました。 (三輪)

≪ミャンマー大周遊のツアーはこちら≫

≪ミャンマー特集ページはこちら≫

≪ミャンマーのブログはこちら≫

|

ユーラシア旅行社のアジア情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。