2011年11月11日 (金)

秋!おいしいルーマニア

Photo_5先日、「ルーマニア周遊10日間」より帰国しました。
ルーマニアは現在、秋真っ只中!黄葉と収穫の時期を迎えています。
この国には今でも豊かな自然が多く残っており、多くの木々が美しい黄金色に色づき始めていました。さらには時折雪も舞い、雪化粧をした黄葉をみることができました。秋と冬のルーマニアを一度に味わえ、なんだか得した気分♪この時期ならではの本当に美しい光景です。

町のあちらこちらでは、収穫をしている様子が見えてきます。ジャガイモやキャベツ、ボルシチに使われる真っ赤なビーツなど、様々な野菜を収穫しています。
さてこのジャガイモ、1キロいくらだと思いますか?なんと、たったの25円!日本では考えられない、驚きの安さです!

Photo_6 収穫した作物は、馬車で運びます。農村部では今でも馬車が走っており、採れたての野菜だけでなく、乾燥させた牧草など様々なものを乗せています。ルーマニアには昔ながらの農耕文化が色濃く残っており、まるで物語の中にいるかのような気分になります。ここは中世・・・??と錯覚してしまいます。

マーケットにもたくさんの野菜が所狭しと並んでいます。キュウリ、ナス、ピーマン、どれも大きくぎっしり実が詰まっており、本当においしそうです!

Photo_8 マーケットには他にも、綺麗な刺繍の入っている布やお墓用の飾り、チーズなど、様々なものが売っています。チーズ好きの血が騒ぎ、おいしそう・・・と思いながら眺めていると、お店のおじさんがチーズをナイフで切り分け、笑顔で差しだしてくれました。そのチーズがこれまた本当においしい!あれもこれもと、色んな種類のチーズを切っては笑顔で差しだしてくれました。マーケットでは、ルーマニアの秋を味わえました。

秋もますます深まり、これからクリスマスの時期になっていきます。ルーマニアではクリスマスのために夏から豚を飼い始め、クリスマスになったらその豚でソーセージを作るというのが、昔からの伝統です。しかし、半年かけて育てた大事な大事な豚が、熊に持ち去られてしまうなんてこともあるのだとか!熊にさらわれないように豚を守りながら、おいしいソーセージを野菜を一緒に食べる、そんなクリスマスを人々は心待ちにしています。(中山)

ルーマニアへのツアーはこちら

|

中欧・東欧情報」カテゴリの記事

世界の自然情報」カテゴリの記事

世界の料理情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。