2011年11月 4日 (金)

驚愕!アメリカの大自然(アメリカ)

Photo_7 先日、「アメリカ西部十大国立公園を巡る 16日間」より帰国しました。ツアータイトルにあるように、イエローストーンをはじめ、アーチーズやグランドキャニオン、ヨセミテなど10もの国立公園を制覇することが出来る人気のコースです。間欠泉あり、美しい黄葉あり、先住民の住居跡あり、そして地球の歴史あり!!これだけ巡るだけでも興奮冷めやらぬ16日間です。しかし、このツアーはそれだけにとどまらず、国立公園ではないけれど、長い歴史の中で自然によって創り上げられた、決して人が真似て作ることのできない、たった一つの芸術作品をご覧頂けるのです。

Photo_6 アリゾナ州ページ近郊。先住民の中でも最大の部族であるナバホ族の居住地近くにある「アンテロープキャニオン」。地中に隠れている為か、まさかの入り口は驚くほどに狭く『ここっ?!』と一瞬戸惑いを隠せません。そこは人一人通れるか?という程の岩の裂け目。身体を少し斜めにして、滑り込むように中へ、そして階段を一歩一歩ゆっくりと降りると、先を歩いていた前方の方からどよめきの様な歓声が聞こえてきた。「おっ」期待を胸に滑らかなカーブを曲がった途端になんとも妖しげな世界へと足を踏み入れた気がしました。

 Tateこの世界を創ったのは【水】。砂漠に時折降る雨は、水が地面に浸透するより早く、転がるように低いところに集まり、強力な勢いの鉄砲水となりました。その水が比較的やわらかい赤い岩、ナバホ砂岩を削り、長い年月をかけてうねるような流れの跡をその岩肌に残したのです。岩と岩の間から入り込む太陽の光。オレンジとも黄色とも赤色とも言いがたい色は流れるように、しなやかに滑らかな岩肌を照らしていました。
 太陽の光線が入ってくるほんの数時間、壁面にあたる光の反射が幻想的な空間を生み出し、不思議な世界へと導かれたようでした。

 アメリカの大自然には本当に驚かされてばかりです。その驚愕の大自然を、是非、自分の目で、そして体で感じてみてはいかがでしょうか? (岩間)

|

北米情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。