2012年1月17日 (火)

あの笑顔とエネルギーに引き寄せられて(インド)

先日「インド悠久文明の旅 13日間」の添乗より帰国しました。
12月のインドは一年の中でも最も涼しい時期であり、非常に過ごしやすく、まさにベストシーズンを迎えていました。
こちらのツアーはインド北西部を網羅しており、13か所の世界遺産を訪れるなどまさに毎日がハイライト!インドと聞いて多くの人がイメージするタージ・マハルやアジャンタ、エローラなど、多くの見ごたえある観光地を楽しむことができます。

Erora_5

今回は12月24日に出発したので、年末年始をインドで過ごすこととなりました。やはり多くの外国人観光客があちらこちらにいましたが、一番驚いたのはインド人観光客の数!インドでもこの時期は休みに入っている人が多くいるため、北・西部の人々だけではなく南インドや東インドなど、インド全土から観光客が集まってきていました。
この時期特に多いのが修学旅行生。インドでは修学旅行や遠足などは冬休みに行われます。
先生に引率されながら、多い時には1グループ100人を超える生徒たちが見学にきていました。
一番多かったのはエローラ。こちらには、いたるところに修学旅行や遠足の学生たちがいました。第10窟の仏教窟を見学していると、たまたま小学生の団体が集合写真を撮っているところに遭遇しました。写真撮りながらも私たちのグループが何だか気になる様子。すると撮影が終わった途端一目散に私たちのところに駆け寄り、あっという間に子どもたちに囲まれていました。

Ensoku_2

彼らの溢れんばかりのエネルギーと澄み切った笑顔に、私たちはたくさんのパワーをもらいました。
小学校の低学年の子達は、制服を着ている姿も多く見られますが、中学、高校と大きくなっていくにつれて、自分の好きなサリーやパンジャビドレスを着たり、洋服を着ている子達が増えてきます。

特に驚いたのはビンベトカで出会った高校生のグループ。みんなおしゃれな格好をし、お化粧バッチリ!カメラを向けるとポーズを決め、かわいい笑顔をこちらに向けてくれました。ここでもやはり、インドの子供たちの素敵な笑顔からたくさんのエネルギーをもらいました。

Blogtemplate

インドは不思議の国といわれています。その理由はいくつかありますが、その中の一つに、インドは、帰国した後に、またこの国に来たいと思わせる力、インドに呼び戻す力があるといわれています。
私もその不思議な力に引き寄せられた一人。確かに不便なこともありますが、やっぱり、何度行ってもインドのエネルギーとこの笑顔にまた会いたくなります。(中山靖)

インドのツアーはこちらから

|

ユーラシア旅行社のアジア情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。