« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

南極への船旅 ~南極大陸で出会ったアイドル~

Sp2090378 前日から引き続き、先日添乗で訪れた南極のツアーに関してご紹介させて頂いております。
そして昨日は、南極を訪れるには避けて通れない「ドレーク海峡」を取り上げました。しかしながら、そんな荒波ドレーク海峡ではありますが、一筋縄には到着できないからこそ、南極大陸に上陸できたときの感動が増すのかもしれません。心配するに足らない、ドレーク海峡でした。

さて、今回はそんな海峡を乗り越えて南極半島に到着した後に出会った可愛らしいアイドルたちのご紹介をしたいと思います。
水族館でも人だかりがいつもできている愛らしい鳥、ペンギンです。

続きを読む "南極への船旅 ~南極大陸で出会ったアイドル~ "

| | コメント (0)

2012年2月28日 (火)

南極への船旅 ~アドベンチャーは荒波から始まる~

Sp2070181 先日クリッパーアドベンチャラー号で行く「南極の船旅14日間」より帰国致しました。
今年は木村拓哉さん主演のドラマ「南極大陸」で南極が話題になりましたが、もちろん越冬まではしないものの、夏のベストシーズンに訪れる南米の端ウシュアイアからクルーズ船にておよそ10日間で南極半島に上陸して参りました。
クルーズの詳しい内容や南極の様子は、同じく昨年の南極の夏に訪れたユーラシア旅行社の添乗員ブログ「快適な最後の秘境への旅!南極への船旅 ~前編~~後編~」をご覧頂ければと思います。今回は、南極と聞いて知る人ぞ知る荒波「ドレーク海峡」に関しての感想や対処方法をご紹介したいと思います。

続きを読む "南極への船旅 ~アドベンチャーは荒波から始まる~"

| | コメント (0)

2012年2月27日 (月)

まるで巨大な紅茶の湖(オーストラリア・タスマニア島)

From_crater_lake_hiking

「タスマニア・ハイキング三昧9日間」より帰国いたしました。緯度が高く夏といっても暑すぎず、涼しいくらいでハイキングに丁度良い気候でした。タスマニア島には日本では見られない独特の植物がたくさん生えているので、毎回歩く度に、新しい植物との出会いの連続!有名なタスマニアワラタをはじめ、ティーツリーやレザーウッドといった白くて小さなかわいらしい花々にも心躍ります。

今回はツアーのタイトル通り様々な場所でハイキングにご案内しました。特に私の印象に残ったのはクレイドル山セントクレア湖国立公園のクレーター湖周遊ハイキングでした。

続きを読む "まるで巨大な紅茶の湖(オーストラリア・タスマニア島)"

| | コメント (0)

2012年2月24日 (金)

雪化粧したローマの街

Dscf0546 先日、「ローマ2800年の歴史に学ぶ7日間」の添乗より帰国致しました。出発の3日前に確認した週間天気予報には、曇と雨マークが並んでいました。屋外の観光も多いので、雨だけは降らないでほしい…。と願いながらの出発となりました。
観光初日、午前中は予報通りの雨でした。市内の教会など巡り、お昼のレストランに入ってしばらくして窓の外を見ると、なんと雪が降っています!みるみるうちに真っ白に雪化粧していくローマの街はいつもとは違った表情を見せてくれ、「これがホワイト・クリスマスだったらロマンティックですね。」と話をしながら、私もお客様もすっかり見とれてしまいました。

続きを読む "雪化粧したローマの街"

| | コメント (0)

2012年2月23日 (木)

パリの左岸を闊歩する

Louvremuseum   「パリで過ごす小粋な休日7日間」の添乗から戻りました。

 今回は、パリに5連泊し、ツアー専用のバスで点と点を結ぶご旅行ではなく、パリのメトロや公共の路線バスを利用し、実際に自分の足で歩き、移動することによってまるでその土地に暮らしているように旅をする、というまさにツアータイトルぴったりのコース内容でした!

 訪れたのが2月上旬であったため、シベリアからの寒波の影響でパリも雪がちらつきましたが、パリの住民達は雪には慣れているようで、滑りやすいメトロの出入り口の階段や坂になっている場所にはすぐに滑り止めの塩をまいてくれるので安心して外を歩くことが出来ました。また、外は少々寒くてもパリには大小無数の美術館があるので暖かい室内でじっくりと美術鑑賞を楽しみ、外の寒さはさほど気にならない7日間を過ごせました。

 今回は食と美術をこよなく愛する総勢12名様のお客様と共にパリの街を思いっきり闊歩しました。

 パリは、東京の山手線内側くらいのサイズで、中央にセーヌ川が流れています。セーヌ川は東から西へ(地図で見ると右から左へ)流れているため、川の流れと同じ方向に立つと、自分の左側が「左岸」、右側が「右岸」と呼ばれています。そして、右岸は華やかな商業地域オペラ座やルーブル美術館などの観光名所も多い一方、左岸のほうは、大学地区を抱えることもあり、「知」のイメージが強いエリアです。Chuny_museum_2

 パリに何度か行っていると、「右岸」が好きな人と「左岸」に惹かれる人と分かれてくるようです。そして、この「左岸」は「右岸」よりも観光客が少ないため非常に落ち着いています。

続きを読む "パリの左岸を闊歩する"

| | コメント (0)

2012年2月22日 (水)

美味しいカレーを食べるなら

 先日、「謎のインダス文明遺跡ドーラビーラーと砂漠の国ラジャスタン12日間」から帰国しました。西インドのグジャラート州とラジャスタン州の2州だけを巡り、インドの知られざる遺跡や建築美、ジャイナ教寺院、美しい町並みを満喫できるツアーです。
 インドの奥地ということもあり、毎日の食事がカレーだったり、牛が街中を歩いていたり、列車や飛行機の遅延は日常茶飯事という心構えをお持ちのお客様が多くいらっしゃったので、ちょっとしたトラブルでは動じず、「インドだから仕方ないよ」という気持ちでのんびりと旅を楽しまれた様子でした。ただ唯一、「グジャラート州では法律で飲酒が禁じられている」ということが、数名のお客様にとって「我慢できない」という気持ちが高まってしまうことだったと思いますが・・。(お部屋では飲酒可能です)

続きを読む "美味しいカレーを食べるなら"

| | コメント (0)

2012年2月21日 (火)

パタゴニアの大地を駆け抜ける!俊足な動物たち

Sdscf3477  先日、ユーラシア旅行社「アンデスの名峰と風の大地パタゴニアのんびり大縦断 18日間」の添乗より帰国致しました。ベストシーズンを迎えたパタゴニアは毎日が見所満載!神秘的な青が美しいペリト・モレノ氷河は気温が上がるこの時期には頻繁に崩落を見せてくれ、小さな山間の町、エル・チャルテンでは迫り来るフィッツロイ山の姿を終始拝みながらのトレッキングを楽しむことができました。そして今回はチリ・アルゼンチンに広がるパタゴニア地方をバスで大縦断!

続きを読む "パタゴニアの大地を駆け抜ける!俊足な動物たち"

| | コメント (0)

2012年2月20日 (月)

真紅の衣に大きな目、生き女神クマリに出会いました

 先日、「ネパール二大遊覧飛行とヒマラヤ眺望ホテル10日間」の旅から帰国いたしました。数年前までは世界で唯一国教がヒンドゥー教であったこともあり、聖地パシュパティナートやポカラのビンドゥバシニ寺院などの大寺院はもちろんのこと、賑やかな商店街の中心、子供達が遊び大人達が世間話に興じる住宅地の広場、忘れられた路地の隅や見晴らしの良い丘や山の上、湖中の小島などなど、至るところにヒンドゥーの神々を祀った祠があります。

Pewako_3

神様の数も膨大、ちょうど日本の八百万の神々のような感じでしょうか。一番人気の神はコブラのネックレスがトレードマークの破壊と創造の神シヴァ。乗り物は牛と決まっているので、祠の前に牛の像があればそこはシヴァの寺院です。信心深いネパールの人々が祠の前を通る度に祈る姿が印象的でした。

 

続きを読む "真紅の衣に大きな目、生き女神クマリに出会いました"

| | コメント (0)

2012年2月17日 (金)

国交60周年イスラエル

Dome

2012年の今年はイスラエルと日本の国交60周年にあたります。
これを記念して、今年12月には、演出家の蜷川幸雄さんによる、ギリシャ悲劇『トロイアの女たち』がテルアビブと東京で上演されます。
ユダヤ、アラブ、日本の役者さんが、それぞれヘブライ語、アラビア語、日本語の3つの言語で演じるそうで、どんな演劇になるのか、興味深いところです。

さて、イスラエル旅行のハイライトといえば、やはりユダヤ教、イスラム教、キリスト教の三大宗教の聖地エルサレムでしょう。

続きを読む "国交60周年イスラエル"

| | コメント (0)

鳥たちの楽園コスタリカへ!~ケツァルを探しに~

Photo

先日、「コスタリカ大自然紀行」より帰国しました。コスタリカと言ってもまだ馴染みのない方も大勢いらっしゃるかと思います。ガイドブックなどでは、自然保護の先進国、軍隊を持たない国などと謳われています。そして、標高2000m以上の高所では良質なコーヒーが育ち、日本でもおなじみのスターバックスコーヒーのほとんどがコスタリカ産なのです。
今回のツアーは夜の激しい雨にヒヤヒヤさせられることもありましたが、観光中はお天気に恵まれ、朝は鳥のさえずりで目を覚まし、まるでコーヒーショップで入れたようなコスタリカ産コーヒーをお召し上がり頂いたら、観光出発です。
 旅行中の移動も旅の楽しみのひとつという言葉がコスタリカにはピッタリです。オレンジ色の花をつけたポロの花やコーヒー畑など、車窓からの景色はどんどん変わっていきます。そして、国立公園でもなく、保護区でもないところに鳥や動物を見つけることができます。今回もイグアナやホエザル、サンショクオオハシなどが木にとまっていたりと、私たちを楽しませてくれます。寝て過ごすのはもったいない!窓に張り付いて、鳥や動物を探しました。

続きを読む "鳥たちの楽園コスタリカへ!~ケツァルを探しに~"

| | コメント (0)

2012年2月16日 (木)

美しく輝く青と白。いざ氷河の世界へ ~パタゴニア~

ユーラシア旅行社の「イグアスの滝とパタゴニア氷河への旅 10日間」より帰国しました。あっという間の10日間でしたが、一生忘れる事のない思い出となりました。何と言っても一番の感動は、パタゴニア!ロス・グラシアレス国立公園のペリト・モレノ氷河は、訪れた人に感動を与える事間違いなし!隣国チリよりアルゼンチンへ迫りくる氷河。その高さ、60m!20階建てのビルに相当します。

Ice

展望台から見える範囲は全体の30%。実際に目の前に立ってみても、その壮大さに圧倒されますが、上空からの写真を見るといかに巨大かがわかります。今回は午前、午後2回の氷河崩落展望チャンスに加えて、氷上ミニトレッキングへもご案内。遠くから見るモレノ氷河も美しいですが、自分もその青と白の世界に入り込むと、その感動もより一層大きなものになります。ボートで対岸に渡る間も、崩落しやしないか気が気でなく、じっと氷河の方を見てしまいます。モレノ山の麓にある小屋で準備し、林の中を歩いて氷河を目指します。15分ほど歩くと、目の前には太陽に照らされキラキラと輝く氷河が!冒険心を掻き立てる景色です。

続きを読む "美しく輝く青と白。いざ氷河の世界へ ~パタゴニア~"

| | コメント (0)

2012年2月15日 (水)

合言葉は「エマ・ダツィ!」世界で最も唐辛子の好きな国?(ブータン)

年越しをパロで迎える「ブータン・ハイライト」より帰国いたしました。王様と王妃様の来日で何かと話題のブータンですが、なんと今回のツアーは、たまたまプライベートで乗り合わせていた王妃様と同じ飛行機でブータンに入国するという幸運とともにスタートしました。
今回のツアーで、特に印象に残ったのは、「エマ・ダツィ」!実は、「世界一料理が辛い国」と言われているブータン。あまり日本では知られていませんが、ブータン料理はとにかく唐辛子をふんだんに使います。「エマ・ダツィ」はなんと唐辛子そのものをチーズで煮込んだ料理です。ブータンでは唐辛子はスパイスというより野菜の一部。初めて目にした瞬間はびっくり!ガイド曰く、この料理はブータンの代表的な家庭料理でその家庭によってもレシピは様々だそうです。(日本の味噌汁のような存在です。) 

Ema_datshi

続きを読む "合言葉は「エマ・ダツィ!」世界で最も唐辛子の好きな国?(ブータン)"

| | コメント (0)

2012年2月14日 (火)

ヌーの大移動に接近!(セレンゲティ国立公園/タンザニア)

 

Photo_7

 この度、「ケニア・タンザニア 9大サファリ大周遊 12日間」の添乗より帰国致しました。ケニアのマサイマラ自然保護区やタンザニアのセレンゲティ国立公園はもちろん、キリマンジャロを背景にしたゾウの光景が絵になるアンボセリ国立公園や、半径19kmのクレーターの中に出来た動物たちの楽園ンゴロンゴロ自然保護区など、12日間で9つの国立公園と自然保護区のドライブサファリを楽しむコースです。ベビーラッシュを迎えるこの時期は、あちこちで新しい生命が誕生します。生まれたばかりの赤ちゃんたちが、必死にお母さんに寄り添う愛らしい姿が印象に残るサファリとなりました。

Photo_8

 ご紹介したい動物たちはたくさんいるのですが、本日は中でも特に印象に残ったヌーとシマウマとの出会いをご紹介しましょう。
 ヌーは、草原や飲み水を求めて、マサイマラ自然保護区とセレンゲティ国立公園を時計回りに大移動します“ヌーのマラ川渡り”が有名ですが、川を渡って移動するヌーの数は数万頭にもなり、時として10数kmにも及ぶ行列が出来るというから驚きです。
 

続きを読む "ヌーの大移動に接近!(セレンゲティ国立公園/タンザニア)"

| | コメント (0)

2012年2月13日 (月)

魅力が詰まった船の旅(西カリブ海周遊クルーズ)

Ship

先日、ユーラシア旅行社、25周年謝恩企画「西カリブ海周遊クルーズ 11日間」のツアーより帰国しました。アメリカのマイアミから入船し、カリブ海の西側を航海。途中にコスメル島(メキシコ)、ベリーズシティ(ベリーズ)、ロアタン島(ホンジュラス)、グランド・ケイマン(イギリス領)を寄航、そしてまたマイアミに戻るという7泊8日の船の旅。クルーズ旅行の印象というと、少し前までは「食事の時など毎回着る服に困るじゃない」とか、「一日中船の中では退屈なのでは?」などのご意見も数々耳にしたことがありました。ですが、そのような方も是非、一度思い切ってクルーズの旅へ出かけてみませんか?きっとその考えは変わるかも。

続きを読む "魅力が詰まった船の旅(西カリブ海周遊クルーズ)"

| | コメント (0)

2012年2月10日 (金)

イエローナイフでオーロラの撮影にトライ!(カナダ)

Pro 先日、「オーロラのメッカ・イエローナイフ」のツアーより帰国しました。昨日に引き続き、オーロラ観測のレポートのカナダ・イエローナイフ版をお届けいたします。
 「2012年がオーロラの当たり年」というのは、メディアなどでも取り上げられており、ユーラシアの旅でも例年以上のお問合せを頂いているのはうれしい限りですが、まだまだ解明されていないことの方が多い「オーロラの現象」については、お客様が過大な期待を抱かれないようご案内しています。…とは言いつつ、私たちも期待を抱かずにはいられません。ということで今回は、私も、来季、オーロラの旅を検討される方によりよい写真を!と張り切って一眼レフと三脚を抱え、日本を出発しました。

続きを読む "イエローナイフでオーロラの撮影にトライ!(カナダ)"

| | コメント (1)

2012年2月 9日 (木)

2012年はオーロラの当たり年!?アラスカ便り

 S_mcknly先日「冬のアラスカ大自然紀行とオーロラ7日間」より帰国しました。 オーロラを何処で見るのが良いか?というお問い合わせは非常に多く、 皆様のオーロラへの関心の高さが窺い知れます。
本日の添乗員レポートではアラスカでの観測に関してのレポートをお届けします。又、明日の添乗員レポートではカナダ・イエローナイフでの観測に関してのレポートをお届けしますので、そちらもご期待下さいませ。

 こちらのアラスカオーロラ観測ツアーではフェアバンクス近郊で3回、タルキートナで1回のオーロラチャンスがあります。今回はフェアバンクス郊外のオーロラロッジを訪れた時の観測レポートです。


続きを読む "2012年はオーロラの当たり年!?アラスカ便り"

| | コメント (0)

2012年2月 8日 (水)

謎の海上遺跡ナンマドール

先日、【25周年特別企画】「ナンマドール海上遺跡とポナペの休日5日間」から帰国しました。

ポナペはミクロネシア連邦の中で一番大きな州の一番大きな島。島の周辺はマンタをたく

Nanmador

さん見えることができるスポットのため、ダイバーの人々には有名な島です。珊瑚礁に囲まれ、無数の小さな島々や無人島もあり、リゾート感満載のこの島の一角に、謎の海上遺跡ナンマドールがひっそりと佇んでいます。
小さなボートで波にたたきつけられるように進むこと40分。ボートのスピードがゆっくりとなり、浅瀬に入り込んでいくと・・・うっそうとした木々に覆われたナンマドール遺跡が現われました!ボートは、じらすようにゆっくりと遺跡に近づき、いよいよ上陸です。

続きを読む "謎の海上遺跡ナンマドール"

| | コメント (0)

2012年2月 7日 (火)

コーヒー道 in エチオピア

先日、ユーラシア旅行社の「南エチオピア秘境縦断」より帰国しました。
エチオピア南部の大地溝帯、太陽の日差しも地面から照り返す熱も、他の地域とは比にならない強さです。
そんな過酷な土地で暮らす人々は、どの部族も皆一様に大変エネルギッシュで、暑さなんて軽く吹っ飛ばすパワーで村を訪問する私たち日本人にぶつかってきます。
南エチオピアのエルボレ族
男も女も上半身裸の上に、ビーズのネックレスをじゃらじゃら下げたり、腕時計のバンドやジュース瓶のフタまでもアクセサリーにして身につけたりしています。
また、男性は顔や体にペイントをしていたり、女性はヤギ皮に貝を付けたエプロンのようなものも纏ったりしていて、南部の部族たちはたいへん華やかで、おしゃれです。
前歯を抜いている人も多く、それもおしゃれ感覚でしているのだとか。

今回は空き時間にコーヒーセレモニーを見学することができましたので、その様子をレポートしたいと思います。

続きを読む "コーヒー道 in エチオピア"

| | コメント (0)

2012年2月 6日 (月)

カンボジアで村訪問

 12/27発「アンコール歴史物語7日間」の添乗に行ってきました。アンコール遺跡修復・発掘の第一人者と言われる石澤良昭先生に5日間同行して頂き、アンコールワット周辺の遺跡から郊外の大プリヤカーン、ベンメリア・コーケー遺跡まで足を延ばして見てきました。

 遺跡の観光はもちろんカンボジアの旅には欠かせないものですが、今回は遺跡観光以外に、現地の人たちの生活を垣間見る体験をしてきました。

Local_village

 上智大学アンコール遺跡国際調査団が1992年から発掘調査しているバンテアイ・クデイ遺跡の近くにある200世帯が生活しているロハル村を訪れました。アンコールワット周辺は観光整備が進み、綺麗に舗装された道路を観光バスが走ります。その道路沿いに見える木々の奥にその集落がありました。今回この村を訪問したのも、昨年の夏、バンテアイ・クデイより新しく仏像が発見されましたが、それを見つけ報告してきたのが近隣に住む子供達であり、また遺跡発掘に伴い近隣の村人たちとの普段からの関わりを上智の人たちはとても大切に思っているからでした。

続きを読む "カンボジアで村訪問"

| | コメント (0)

2012年2月 3日 (金)

ミャンマー料理と日本食

最近、民主化への歩みが進み、日本のニュースでも度々取り上げられているミャンマー。ゆっくりではありますが旅行先としての認知度も広がってきています。しかし、同じアジアの国々の中でも、ベトナムやタイなどと比べると「食」に関しては日本ではまだまだあまり知られていないと思います。今回のミャンマーの旅では、意外な料理を発見しました。

Shan

こちらの写真は、ミャンマー東部のシャン州に暮らす「シャン族」という少数民族の伝統料理。それまでの旅行中のレストランでは大皿にどーんと乗ったカレーや炒め物を取り分けて食べることが多かったので、こうして小皿に一人前ずつ見栄え良く盛られた料理は、同じく盛りつけを意識する日本料理にどこか近いものを感じました。中でも印象的だったのは、一番手前の料理、「ミャンマー風おにぎり」です。ミャンマーでは他のアジア諸国と同じように白米を主食として食べる習慣がありますが、シャン族にはもち米に魚を混ぜ込み、丸く握って食べる習慣もあります。味付けご飯と魚の旨みが絶妙で、何個でも食べたくなるほど!海苔を巻いて食べたらもっと美味しいんだろうなぁ、と思ってしまいました。

続きを読む "ミャンマー料理と日本食"

| | コメント (0)

2012年2月 2日 (木)

アンコール遺跡と共に成長するカンボジアの人々

 年末年始のツアーとして石澤良昭先生ご同行の「アンコール遺跡群を極める旅」へ行って参りました。アンコール遺跡研究の第一人者であり上智大学特任教授でもある先生に同行して頂くとあってお客様もドキドキワクワク。今回で20回目となった弊社の先生同行ツアーも毎年毎年お客さまや先生からのご意見を頂き様々な試みをしてきました。

Angkor_culture_education_center

 今年は、前年に開始して、大変ご好評を頂いた「仏教寺院バンテアイ・クデイでの発掘体験」を行いました。上智大学により2001年に274体もの廃仏が発掘されたことでも有名な寺院です。アンコール王朝最盛期の王・ジャヤヴァルマン7世が12世紀末にバラモン寺院を仏教寺院に改修しました。

続きを読む "アンコール遺跡と共に成長するカンボジアの人々 "

| | コメント (0)

2012年2月 1日 (水)

【共通テーマデー】お気に入りのジンクスのあるスポット~チュニジア シディ・ブ・サイド~

Sidibusaid2

ジンクスとは、もともと縁起の悪いものという意味がありますが、今回は魔除けの効果がある「ファティマの手」をご紹介します。

「ファティマ」は人の名前です。預言者ムハンマドの娘で、4代目カリフの妻となった女性で、とても慈悲深く、貧しい人や病人を常に思いやり、ムスリムにとって理想の女性として尊敬されています。
その彼女の手をかたどったものを持つことで、彼女の救いの手が差し伸べられると信じられているのです。イスラム圏を旅された方は目にしたことがあるかもしれませんね。
中でも私のお気に入りのスポットは地中海を見下ろす高台にあるチュニジアのシディ・ブ・サイドです。

続きを読む "【共通テーマデー】お気に入りのジンクスのあるスポット~チュニジア シディ・ブ・サイド~"

| | コメント (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »